美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.08.10

エステティシャン

日傘はスッポリ被る! 紫外線対策の新常識

紫外線対策の新常識を紹介。日傘の正しい差し方や、日焼け止めの意外な落とし穴、頭皮の紫外線対策などを取り上げていきます。肌荒れを起こしやすい人や、夏の抜け毛が気になっている人は参考にしてみてください。

日傘はスッポリ顔を隠すのが正解!?

 


日差しの強いこの時期、紫外線によって肌や髪は大きなダメージを受けます。日傘や日焼け止めで紫外線対策をしている人も多いと思いますが、きちんとした使い方をしていないと思わぬトラブルを起こすことも。ネット上を見てみると「日焼け止めで肌荒れが起きるんだけど…」「日傘を差して安心してたけど焼ける(涙)」といった声が見られました。
 
7月5日に放送された「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」では紫外線対策にまつわる新常識について取り上げています。まず、紫外線対策に有効な“日傘”の使い方にスポットを当てたのですが、日傘はただ「日光を遮っていればいい」というわけではありません。番組に登場した専門家によると、日傘は顔から“30cm以内”に差さないと肌トラブルが防げない可能性があるとのこと。VTRでは実際に正しい差し方を実践していたのですが、頭が傘の中にすっぽりと隠れていました。これには出演者の高橋真麻も「そこまで!?」と驚愕の表情。雨傘のような感覚で差していると、UVカットの日傘でも効果が十分に発揮されないそうです。
 

去年の日焼け止めで肌トラブル発生!

番組では夏の必需品である日焼け止めについても取り上げました。日焼け止めは、そのシーズンで使い切れず、翌年にまた残りを使うという人も多いと思います。ただ、出演した皮膚科医は、「去年の日焼け止めを使うと肌のトラブルが起こるかもしれません」とコメント。塗るタイプの日焼け止めは、1度開けると酸化が進んで劣化してしまうだけでなく、雑菌が入り込んで湿疹やニキビの原因にもなるとか。
 
また、紫外線のダメージが気になるのは頭皮も同じ。ネット上では「頭皮が日焼けしたせいで抜け毛が増えた気がする!」「帽子もかぶらずに日差し浴びてたら頭皮が焼けた。確実に毛根がダメージ受けてる」といった声が少なくありません。
 
専門家によると、「紫外線を浴びると毛根にダメージが蓄積され、抜け毛や薄毛の原因になる」と言います。そこで工夫したいのがヘアスタイル。番組では、いつも同じヘアスタイルにするのではなく、週に1度分け目を変えることをおススメしていました。
 
世間にもヘアスタイルで頭皮の日焼けを防ごうと努力している人はいるようで、ネット上には「前髪をひねってピンで留めるポンパドールスタイルにすると頭皮が隠れる!」といった声もみられます。帽子がかぶれない場面では、お団子ヘアや前髪で頭皮をカバーするヘアアレンジが有効かもしれませんね。
 
夏の紫外線によるダメージはシミや皺として後々まで残ってしまうので、なるべく防ぎたいもの。正しい対策を覚えて、大切な肌を守りましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。