美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.08.16

エステティシャン

9割の女性は水着姿に自信がない!?

“女性の水着姿”に対する意識調査の結果を紹介。女性が自分の水着姿で自信がない部分や、エクササイズを取り上げていきます。海やプールに行く予定のある人は参考にしてみてください。

水着に自信が無いのは胸よりぜい肉のせい!

 


夏は海やプールなどに行く機会も多く、水着を着る場面も増えます。ただ、多くの女性は自分の水着姿に自信がないようす。某化粧品会社が8月に“水着姿”に関する調査を行ったのですが、意外な結果が明らかとなりました。
 
調査では、20~49歳までの女性に「水着姿に自信はありますか?」と質問。すると9割以上の人が「自信がない」と回答しました。さらに、なぜ自信がないのかを尋ねると、66.0%の人が「お腹が出ているから」、59.9%の人が「脚が太いから」、44.1%の人が「お尻が垂れているから」と答えています。これに対して「胸が小さいから」と答えた人は38.0%と少なめ。女性は胸の大きさよりも、ついてしまった体の脂肪を気にしていることがわかりました。ネット上を見てみると「この腹じゃ水着なんて着れないよ!」「腹のぜい肉が海を遠ざける… 泳ぎたいのに」と嘆きの声が上がっています。中には「お腹が隠れる水着買った!」と、体形は諦めて水着のデザインでカバーしている人の声も。
 
また、調査では男女384名に対して「女性の水着姿でつい見てしまう部分はどこか?」という質問もされたのですが、「お腹」が43.5%、「お尻」が43.0%、「太もも」が35.4%と、多くの女性たちが自信を持てない部分が上位にランクイン。SNSでも「お尻が垂れてる人多いなあ」「くびれとかないのに水着写真をネットにアップしてる人… 凄い根性」「水着で彼氏とはしゃいでる女子の足が彼氏より断然太くて、なんだか残念な感じ」といった声がちらほら上がっており、女性にとっては辛い現実が明らかとなっています。
 

10秒でOK! お腹引き締めエクササイズ

ではここで、多くの女性が「自信がない」と回答したお腹周りの簡単なエクササイズをご紹介。まずうつ伏せになり、握りこぶしを作って肘から手までを床につきます。こぶしの位置は顔のあたりで、腕は体に対して平行になるようにしましょう。腕とつま先で体を支え、他の部分は床から浮かせます。この状態をキープすることで体幹が鍛えられ、腹筋にも効果が。キープする時間は10秒程度を目安にしてください。継続的に行うことでお腹周りが徐々に引き締まっていくはず。
 
せっかく海やプールに行くなら、体形を気にすることなく目一杯楽しみたいですよね。簡単エクササイズに取り組んで、スリムなお腹で水着を着こなしましょう!

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。