美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.09.14

エステティシャン

奇抜なリラクゼーション「おとなまき」が話題

新しいリラクゼーション「おとなまき」について取り上げます。『めざましテレビ』で紹介されたことや、実際に体験できる施設などをご紹介。夏の疲れが溜まっていると感じる人はぜひ参考にしてください。

まるでミイラ!? 奇抜なリラクゼーション「おとなまき」

 


気候も涼しくなり、秋の訪れを感じる今日この頃。ただ世間には夏の疲れを引きずっている人も多いようす。実際、ネット上には「体がだるい。夏の疲れが今頃どっと来てる」「なんか調子が良くないのは夏に遊び過ぎたせいでしょうか」といった声がちらほら。
 
そんな時は、心と身体を癒すリラクゼーションを試してみるのもいいかもしれません。9月6日に放送された『めざましテレビ』では、最近話題になっている斬新なリラクゼーション「おとなまき」を紹介しました。海外メディアにも紹介されるなど、世界的に注目されているのですが、その理由がインパクト大のビジュアル。番組が「おとなまき」を行っている施設に訪れると、白い布に包まれた人間がゆらゆらと揺れており、とても奇妙です。
 
方法は、首と腰にクッションを巻きつけて保護し、伸縮性のある綿の布で身体を覆うだけ。布に包まれたら、ゆらゆらと揺れたりしながら自分が心地よいと感じる状態で過ごします。身体を折りたたんで布に包まれている様子は窮屈そうなのですが、実際に行っている人たちに話を聞いてみると「苦しくない」「愛に包まれている感じ」「首が痛かったのが楽になった」と、満足気なコメントを寄せていました。
 
「おとなまき」でリラックスできるのは、その体勢が「胎児の姿勢」に似ているから。また身体が丸まることで、骨盤や臀部などへの負担が軽減されて楽に感じるようです。
 
これには関心を持った視聴者も多かったようで、ネット上には「癒されそう! やってみたい」「身体のあちこちが痛いから『おとなまき』にめちゃくちゃ興味ある」といった声が数多く見られました。

試してみたい場合はどうすればいいの?

試してみたいという人も多い「おとなまき」ですが、正しく行うためにはどうすればいいのでしょうか? おとなまきは身体を包んだ布を外から結んだり、ほどいたりするため自分で行うのは中々難しいもの。そこで利用したいのが「おとなまき体験」ができる施設。
 
「おとなまき体験」は整骨院やベビーケア用品のショップなどで開催されることが多く、スタッフの手を借りながらおとなまきを体験します。金額は3,000円~5,000円程度が相場。大抵グループで行うため、参加者は予約が必要なことが多いようです。
 
見た目は奇抜ですが「身体が楽になった」「リラックス効果がすごい」と評判のおとなまき。夏の疲れを解消したい人は、一度「おとなまき体験」に参加してみては?

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。