美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月21日更新

エステティシャン

老いに負けない美貌を手に入れる方法“アンチエイジング”とは


すべての女性にとって、肌にシミやシワ、たるみなどをもたらして美貌を翳らせる老化は何よりも憎い敵ですよね。そのため世界中で、老化に負けないで美しい体を保つための方法“アンチエイジング”が試みられています。
 
ですが改めてアンチエイジングって何? と考えてみると意外に正確なことを知らないという人も多いはず。ここではアンチエイジングとはそもそも何なのか、その歴史や種類までまとめて紹介します。美容業界の常識とも言える知識をぜひ知っておいてください。

アンチエイジングとは

アンチエイジングとは文字通り、エイジング=加齢によって老化していくことに対して抵抗することを意味します。人の体は老化によって細胞の数が減っていき、機能も低下していくもの。その結果、肌のツヤやハリが失われていき、シワやシミ、たるみなどが目立つようになっていきます。そうした老化現象を、エステやセラピー、食品や化粧品など様々な方法で押しとどめて、できるだけ若々しい体を保とうとするのがアンチエイジングなんですね。

アンチエイジングの歴史

古くは古代エジプトのクレオパトラや中国の楊貴妃、18世紀フランスのマリー・アントワネットなど、歴史上有名な美の探究者たちが若さを保つことに執心していました。また、世界各地の伝説や神話などでも不老不死や若返りの薬が登場することからも、いつの時代も人は老いと戦おうとしてきたということが分かります。
 
しかし人が老いを克服することは難しく、現代でも解決されない永遠の課題として残っています。1980年代のアメリカでは病気をあらかじめ防ぎ、さらに健康な体を積極的に作ることを推奨する予防医学に力が入れられていて、そこでアンチエイジングという言葉も登場しました。そして1990年頃には科学的なアプローチも試みられるようになり、抗加齢医学が始まりました。抗加齢医学は人ができるだけ元気に長生きできる方法を研究する分野で、アンチエイジングの科学的な基礎を提供しています。
 
また、1992年には米国抗加齢医学会が設立され、アンチエイジングという言葉がさらに一般化されて広まっていくことに。日本にも2001年に日本抗加齢研究会(2003年から日本抗加齢医学会)が設立され、2004年には日本初のアンチエイジングクリニックが登場。今では多くの人が普段から、老化をなるべく避けようという意識を持って生活を送っています。
 

アンチエイジングの仕組み

そもそも老化とはどんな仕組みで進むか知っていますか? その原因は主に、“酸化”と“糖化”の二つです。酸化とは活性酸素によって引き起こされる、細胞が錆びついてしまう現象で、たとえば外に出て紫外線を浴びたり、ストレスを感じたりすると体の中の活性酸素が増えていき、肌がダメージを受けてツヤやハリも失われてしまいます。また、糖化は糖分との結合によってコラーゲンが変質してしまうことで、過剰に糖分を摂取して血糖値が上昇することで引き起こされる現象。それにより肌から弾力が失われて、シワやたるみの原因になります。
 
アンチエイジングはこういった現象を抑制するための方法です。酸化を防ぐためには外出の際にしっかりと紫外線対策を行ったり、なるべくストレスの溜まらない生活を心掛けることが大切。それに加えて活性酸素を除去する抗酸化作用のある食材やサプリメントを摂取するのが基本的な方法です。
 
他方、糖化を防ぐためには食事と運動が重要で、血糖値の上がりにくい食品を選んで食べたり、糖分を上手く消費できるような運動を行ったりします。また、加熱によって血糖値を上げる成分が増えてしまうため、調理方法に気をつけることも大切。食べるときにも野菜や肉、魚などを先に口にして、炭水化物はその後にするのが良いと言われています。
 

アンチエイジングの種類

それではアンチエイジングには、どんな方法があるのでしょうか。ここではより具体的にアンチエイジングの方法を見ていきましょう。まず主要な方法としては、ビタミンやβ-カロテン、ポリフェノールやリコピンといった抗酸化作用のある食材を摂取するというものがあります。同様の成分が含まれたサプリメントも数多く市販されているので、食材にこだわる余裕がないという人は利用してみてもいいかもしれませんね。
 
また、老化はお肌に顕著に表れるものなので、スキンケアにも気を配りましょう。最近では酸化を食い止めるユビキノンやビタミンC誘導体、抗糖化に効く植物エキスなどが含まれた化粧品も登場しているので、化粧品選びの参考にしてみてください。自分でやるのは難しいと感じる人は、アンチエイジングを取り入れたエステサロンも多いので、エステティシャンに施術してもらうのも良いでしょう。
 
そのほか、アロマセラピーという療法でもアンチエイジング効果を期待できます。アロマセラピーでは植物や果実から抽出したエッセンシャルオイルを使うのですが、その成分に抗酸化作用を持ったものがあるんです。特にアロマは日常的な楽しみ方があり、バスタイムに取り入れたり芳香剤として使ったりできるので、日々の生活にアンチエイジングを取り入れたいという人はぜひ調べてみてください。
 


 
 
女性にとって永遠の悩みである老化に立ち向かうアンチエイジング。高齢化が進む現代社会、アンチエイジングを取り入れた施術はこれからますます人気が高まっていくことが予想されます。エステティシャンになるなら、その仕組みを知っておくことは必須ですよ。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。