美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月21日更新

エステティシャン

チョコレートやヘビを使ったスパ!? 人気スパから変わり種まで…様々なスパの種類


健康な体作りや美容を目的として、女性を中心に人気が出ているリラクゼーション施設・スパ。温泉だけでなくフィットネスジムやエステなど、様々な設備やサービスの種類があるので、そこから自分に合ったものを選ぶことができるのが魅力です。
 
そんなスパには定番と言えるものから「それで本当に健康になれるの?」とびっくりしてしまうものまで、色々な種類があります。今回は人気のスパから変わり種までを幅広くご紹介するので、スパに行ってみようと思っている人はぜひ読んでみてください。

ブドウの力でキレイになる「ワインスパ」

ワインスパとは、ワインの原料である赤ブドウの葉から抽出したブドウエキスを美容に利用するスパ。抗酸化作用の高いブドウエキスには肌のキメを整えてくすみを防止してくれる、高いアンチエイジング効果があるのが特徴です。
 
このスパを利用する際にはまず、ブドウエキスを肌に浸透しやすくするため、古い角質を取り除きます。その後ブドウエキスを含んだ美容マスクを顔に貼ったり、体に塗りつけてパックするのが基本的な流れ。中にはブドウエキスの美容効果を利用した“ワイン風呂”が楽しめるところもあります。どちらもワインそのものではなく、ブドウエキスを使っているので酔っぱらってしまう心配はありません。
 

ヘアトリートメントに最適な「ハニースパ」

スパの1種で、様々な効果が得られるヘッドスパとして人気なのが、ハチミツを使ったハニースパです。保湿性の高いハチミツを使うことで、肌に浸透している水分の蒸発を防ぎ、肌荒れを防止することができるので、フケやかゆみの改善にも役立ちます。もちろん髪の毛の水分も保ってくれるので、潤いのあるふんわりとした髪の毛を目指すこともできます。スパ施設やヘッドスパ専門店で楽しむこともできますが、サロンメニューに取り入れている美容院も多いので、気になる人は近くのサロンで探してみましょう。

“神々の食べ物”と称される「チョコレートスパ」

様々な効果があるチョコレートですが、その中の一つに強い発汗作用があります。脂肪の燃焼効果や引き締め効果が期待できるので、デトックスやダイエットには最適。肌の水分も保ってくれるので、しっとりとした肌触りに仕上がります。
 
そしてチョコレートスパの最大の特徴は「エンドルフィン」という物質の分泌が促進されること! この物質は別名“幸福ホルモン”とも呼ばれるほど、リラクゼーションやストレス解消に効果があるので、幸せな気持ちに浸りながらキレイを目指せます。
 

魚に食べられてキレイになる「フィッシュスパ」

初めて聞くと「どういうこと?」と疑問に思ってしまいますが、世界には魚を利用したスパもあるのです。このスパでは「ドクターフィッシュ」と呼ばれる魚たちが泳ぐ水に、足や手をつけます。するとドクターフィッシュが肌の角質を食べてくれるので、古い角質が除去できてツルツルになるのです。スパ施設だけでなく、水族館やテーマパークによっては足湯感覚で楽しめる所もあるので、見つけたら一度体験してみると良いでしょう。
 

美しさは我慢から? ヘビを使った「スネークスパ」

生き物の中でも断トツで苦手な人が多い、ヘビ。あのクネクネとした動きやぬめっとした感触が何とも言えず怖い…と感じる人は多いですよね。イスラエルやインドネシアまで足を運べば、そんなヘビを使ったスネークスパを体験することができます。
 
このスパでは、数匹のヘビが体の上を這いまわることでマッサージ効果が得られるとのこと。ヘビによる独特のマッサージがリラックスにつながるようです。マッサージ目的だけでなく蛇への恐怖心を克服するために利用する人もいるようで、実際に体験した人の中にはヘビ嫌いが克服できただけでなく、むしろヘビが好きになったという人もいるほど。
 

ビール好きにはたまらない!? チェコの「ビールスパ」

中世の美しい街並みが今も残るチェコでは、ビールのお風呂に浸かることができるビールスパが楽しめます。実はビールには、新陳代謝を促し体内の老廃物を取り除くデトックス効果があり、肌のターンオーバーを助ける働きがあるのです。ビール風呂に浸かりながらビールを楽しむこともできるので、ビール好きにはたまらないはず!
 


 
 
植物や食べ物を使ったスパだけでなく、魚や蛇などの生き物を利用したスパなど様々な種類を紹介してきました。スパは健康や美容のためだけでなく、娯楽としても楽しめるものなんですね。残念ながら日本では体験できないものもあるので、海外旅行に行った際には現地でしか体験できないスパを巡ってみても良いかもしれません。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント