美容スペシャリストな自分になるために

2016年8月19日更新

エステティシャン

エステサロンの居心地は身だしなみで決まる!? エステティシャンならではの身だしなみとは


お客様がキレイになるために訪れるエステサロン。施術してくれるエステティシャンがキレイだと「私もこんな風になれるかも」と夢が膨らむものですよね。そんなお客様の施術・接客をするエステティシャンはヘアスタイルやメイク、服装なども含めて、好印象を与えられるように身だしなみに気をつける必要があります。
 
また、エステティシャンはお客様の肌に触れるため手のケアに気をつけたり、マッサージなどのため体を動かしやすい格好をしたりと意識すべきことがたくさんあります。今回はエステティシャンを目指すには必須となる、様々な身だしなみポイントを見ていきましょう。

“清潔感”と“キレイ”がポイント

接客業ではどんな業種でもお客様に“清潔感”を与える身だしなみが必要になりますが、お客様の肌に直接触れ、至近距離で接客をするエステティシャンはとくに気をつけなければなりません。清潔感がないエステティシャンだと、お客様に「この人に施術してもらいたくない」と思われてしまうはずです。服装や髪型などに気をつかって、清潔感を与えることを第一に意識しましょう。
 
また、エステティシャンはお客様のお手本として“キレイ”であることが大切です。エステティシャンがだらしない恰好や似合わないメイクをしていると、せっかく訪れてくれたお客様の気持ちが萎えてしまいかねません。つねにお客様からキレイだと思ってもらえるように、身だしなみを整えておいてくださいね。
 

どんな身だしなみが適切なの?

触られたくなるような手・爪

お客様の肌に直接触れる手は、とくにきちんとケアしておかなければいけない部分です。手荒れでザラザラになっていたり、爪の手入れができていなかったりすると、施術の際に不快感を与えてしまいます。そのため、エステティシャンは滑らかな触り心地の手を保つことが大切なんですね。普段からハンドクリームで乾燥を防いだり、マッサージを行うなどして、お客様が触れられたくなるような手を目指してハンドケアを行っていきましょう。
 
また、爪はお客様の肌を傷つけることがないように短めに切っておき、やすりなどを使って丸みを持たせておくといいでしょう。それによって清潔感のある印象を与えることもできますよ。目安としては、爪の先の白い部分が見えないくらいの長さが適切。なお、ネイルをしたいという人もいるかもしれませんが、お客様の肌に触る仕事である以上ネイルはNGです。

ヘアスタイルも清潔感を意識

ヘアスタイルに制限がないサロンもありますが、施術中はよく動くため、崩れない髪型を意識するのがオススメです。だらしない印象を与えないためにも、タイトにまとめるのが一般的です。髪が長い人は、お客様の肌に触れてしまわないように下に垂らさず、アップスタイルできっちりとまとめるようにしましょう。また、ショートヘアの場合もワックスやピンなどを使ってタイトにまとめると、より清潔な印象を与えられますよ。前髪が顔にかかっていると不潔な印象を与えてしまうため、横に流したり持ち上げてピンで留めるなど工夫を行っていきましょう。

メイクは肌がキレイに見えるように

美肌を求めて訪れるお客様も多いため、エステティシャンは肌がキレイに見えて、なおかつ好感が持てるメイクをすることが大切です。ノーメイクはもちろんご法度ですが、濃すぎるメイクもあまり良い印象につながりません。しっかりと肌のあらをカバーしつつ、ナチュラルに見えるメイクを心がけましょう。また、施術しているうちにメイクが崩れてしまわないよう、化粧崩れしにくいメイク道具を選ぶといった工夫も大切ですね。

服装はこまめに着替える

エステサロンでは、従業員のために制服が用意されているお店が多いです。制服はお店のカラーに合わせたスタイルで統一されていて、ワンピースやパンツスタイルなど形は様々。施術をしているうちに汗や施術用のクリーム・オイルなどで汚れることが多いため、予備を用意しておいて、汚れたら着替えられるようにしておきましょう。また、シワが寄っているとだらしない印象になるため、アイロンがけなどのお手入れも欠かせませんね。
 

身だしなみのココに注意!

動きにくい靴はNG

エステティシャンは施術中に動き回ることも多いため、ヒールの低いパンプスなど、動きやすくて疲れにくい靴を選ぶことが大切です。そして、清潔感を保つため素足ではなく、ベージュなどナチュラルな色合いのストッキングを着用しましょう。また、動きやすいからといってスニーカーなどのカジュアルな靴を選ぶのは、美しさを追求するエステティシャンらしからぬ印象になるので避けるのが無難です。

施術の邪魔になるアクセサリーはつけない

キレイに見せたいからといって、何でもアクセサリーをつければいいというわけではありません。腕時計や指輪は施術の邪魔になることが多いので、外しておきましょう。また、大ぶりで派手なネックレスやピアスなども施術の邪魔になるうえ、好感を持たれにくいため控えた方が良いようです。小ぶりで控えめなネックレスやピアスをアクセントとして使って、上品さを演出するといいですよ。

フレグランスはほどほどに

エステティシャンはお客様と近い距離で接するため、フレグランスにも注意が必要です。強い香りや、好みの分かれる個性的な香りだとお客様が不快になってしまうことも。清潔感のあるさっぱりとした香りを選び、控えめにつけることを意識しましょう。
 


 
 
エステティシャンはエステサロンの広告塔でもあるため、身だしなみにおいても色々と注意しなければいけないんですね。服装自由のサロンもありますが、お客様に気持ちよく施術を受けてもらうために、身だしなみを整えることはもちろん、普段からスキンケアなども行っていきましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント