美容スペシャリストな自分になるために

2016年8月20日更新

エステティシャン

年齢と共に垂れ下がるお尻にストップ! 理想のヒップラインを実現する美尻エクササイズ


美しいスタイルをキープしたいと思っていても、見逃しがちなのが“ヒップライン”。体の前側に比べて後姿はチェックが甘くなってしまいますよね。そのため、気がついたらヒップラインが垂れ下がっていたなんてことも起こりがちです。しかもヒップラインは、一度垂れ下がってしまうと中々元に戻すのが難しいもの。
 
とはいえ、普段の生活の中で簡単なエクササイズをしたり歩き方に注意したりすることでヒップラインをキープすることもできるんですよ。今回はヒップラインが垂れ下がる原因や、美尻になるためのエクササイズ方法をご紹介します!

ヒップラインはどうして垂れ下がるの?

ヒップラインが垂れ下がるのにはいくつかの原因があります。一番大きな原因は、筋肉量の低下。普段運動をせず、デスクワークのようなあまり動かない仕事をしていると、下半身の筋肉量が減って、お尻周りの脂肪を支えられず垂れ尻になってしまいます。また、骨盤のゆがみが原因の場合もあるんです。椅子に足を組んで座ったり、浅く腰掛けて背もたれに体重を預けて座るなどしているうちに骨盤が開いていきます。骨盤が開くとお尻全体が大きく見える上、お尻の筋肉を上手く使うことができず、ヒップラインが垂れてしまうんですね。
 
また、歩き方によっても垂れ尻を招く場合があります。内股で歩いたり、ヒールの高い靴を履きヒザを曲げて歩いたりしていると、太ももやヒザ下の筋肉ばかり使うことになるため、お尻の筋肉が衰えて垂れ尻になってしまうようです。
 

美尻を保つために大切なこと

キュッと上がった魅力的なお尻を保ちたいという人は、日常生活の中でいくつかのポイントに気をつけていきましょう。まず、美尻を保つためには歩き方に気をつけることが大切。なるべく大股で歩き、足を出す時にヒザを曲げずにまっすぐ前に出すように意識するだけでも、お尻の筋肉が鍛えられて美尻のキープにつながりますよ。また、すでについてしまった余分な脂肪を落とすためには、オイルやクリームを使ってマッサージするのがオススメ。これによって代謝が上がり、スッキリとした美尻を作ることができます。
 
また、自分がすでに垂れ尻になっていないかどうか、チェックすることも大切です。下着にお尻が収まらなかったり、お尻の脂肪と太ももの脂肪との境目が分かりづらかったりする場合には、垂れ尻になっている可能性が高いです。また、スキニージーンズなどのタイトなパンツを履いた時にお尻でパンツが引っかかってしまうという人も、垂れ尻予備軍と考えていいでしょう。これらに当てはまる場合は早めの対策をしていきましょう。
 

理想のスタイルを実現する“美尻エクササイズ”

美尻をキープするのに一番大切なのは、筋肉を鍛えることです。お尻には「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」といった筋肉がついています。脂肪を支えて美しいシルエットをキープするため、これらの筋肉を鍛えるエクササイズを行っていきましょう。

ヒップエクステンション

まずは四つん這いの状態になり、両手、両ヒザを肩幅に開いてください。それから片足をまっすぐ後ろに向かって上げ、腰の高さで数秒キープしたら、ゆっくりと足を下ろしましょう。これを左右交互に数回繰り返せば終了です。大臀筋や中臀筋を鍛えたい人にはうってつけのエクササイズですよ。
 

ヒップリフト

仰向けに寝てヒザを立てます。そしてお尻を持ち上げ、ヒザから胸までが一直線になる状態で数秒キープした後、ゆっくりとお尻を下ろしましょう。これを数回繰り返してください。なお、両手を体の横に添えて上体を支えるようにするとやりやすいですよ。このエクササイズは大臀筋と上半身を支えるインナーマッスルに効果があります。
 

バックエクステンション

うつ伏せに寝て両手を頭の方に伸ばします。その際、両手と両足は肩幅に開きましょう。それから両手両足をまっすぐに伸ばしたままゆっくりと浮かせていき、エビぞりのような形になります。苦しくなったらそこで数秒キープし、ゆっくりと元に戻しましょう。5回程度を目安に2セットから始め、慣れてきたら回数を増やしていくといいですよ。お尻だけでなく、太ももの裏側や背中も鍛えられ、美しい後ろ姿を作ることができます。
 

お尻の下部分を鍛えるエクササイズ

うつ伏せに寝そべった状態から上体を起こしてヒジをつきます。手は肩幅に開き、ヒジの角度が90度になるようにします。次に片足のヒザを90度に曲げ、そのまま限界まで持ち上げます。これを両足交互に繰り返し、10回程度を目安に、できる範囲で数セット行いましょう。お尻の下部分をキュッと持ち上げる効果があります。

バックキック

立った状態で片足を一歩後ろに引き、まっすぐに伸ばした状態で後ろに上げていきます。そして限界まで足を上げたら、ゆっくりと下ろして、足が床にギリギリつかないところまで戻してください。これを片足10回程度を目安に行いましょう。勢いをつけすぎると腰を痛めるので注意してください。まっすぐ後ろに足を上げることで、大臀筋と中臀筋を効果的に鍛えることができますよ。体がグラグラする場合は壁などに手をついて行ってもOKです。
 


 
 
キュッと上がったお尻は後姿を美しく見せるには大切なポイントです。普段の生活の中で歩き方に気をつけたり、自宅でもできるエクササイズを行っていくことで、ぜひ理想の美尻を手に入れてみてください。また、エステサロンには美尻を目的に訪れるお客様も多いので、エステティシャンを目指すなら正確な知識を得ておきたいものですね。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。