美容スペシャリストな自分になるために

2016年7月20日更新

エステティシャン

リンパの流れを良くして理想のバストに近づけるバストアップマッサージとは!?


バストアップマッサージとはバストやバスト周辺・背中・デコルテ部分のリンパの流れを良くすることで、バストサイズを大きくすることを目的としたマッサージです。「私のバストはもう大きくならないかも…」なんて諦めている人もいるかもしれませんが、バストアップマッサージを行えば年齢に関係なく、バストを大きくすることができるのです!
 
バストを大きくするためには女性ホルモンの分泌を増やすことが大切ですが、それと同時にリンパの流れを良くすることもとっても重要。今回はバストアップに効果のあるリンパマッサージをご紹介します。

バストアップができない原因とは?

10パーセントの乳腺と90パーセントとの脂肪からできている女性の胸。バスト全体を大きくするためには、この乳腺を発達させることが大切です。乳腺は女性ホルモンの影響を大きく受けているので、女性ホルモンの分泌量を増やすことができれば、バストアップが期待できます。女性ホルモンの分泌量は食事で増やすことができるので、バストアップに効く食事を日頃から意識していればバストアップも夢ではありません。ですが実は、いくら女性ホルモンの量が増えても、リンパの流れが詰まっていてはバストアップのための効果が少なくなってしまうのです。
 

リンパの流れを良くすることがバストアップのカギ

リンパとは、古くなった細胞や老廃物などを運ぶためのリンパ管とそこを流れるリンパ液のことです。リンパの流れが滞るとむくみやコリ、たるみ、冷え性などといった様々な体の不調の原因となってしまいます。そのためリンパセラピーを行うことで体質改善も期待できるのです。また、リンパ管のフィルターの役割をしているリンパ節という部分は体内に数百以上存在しており、とくに首や鎖骨のデコルテ部分、脇の下などには重要なリンパ節があると言われています。
 
女性のバストはブラジャーでの締め付けなどにより、日々老廃物が溜まってしまっているもの。そのため、バスト周辺のリンパの流れが悪くなってしまうとバストアップができないばかりか、体全体の不調を招いてしまうことに。バスト周辺のリンパの流れを改善して体の老廃物を排出すれば、女性ホルモンをバストに届けることができるのです。
 

バストアップマッサージをする時のポイント

クリームやオイルを利用する

バストアップマッサージをする時には、基本的には肌を直接刺激していきます。何もつけない状態でそのままマッサージすると、肌に負担がかかってしまうので、潤滑油としてボディクリームやボディオイルを利用してみましょう。肌のスベりを良くするものなら何でもOKなので、普段使っているクリームや好きな香りのオイルなど、自分のお気に入りのものを使ってみてください。

体が温まった時にマッサージ

体が温かくなって血流がアップしている時はマッサージ効果も高まるので、湯船に浸かっている時や、お風呂上りにマッサージをしてみましょう。

やさしくマッサージする

バストのほとんどは脂肪でできています。そのため、強く揉むと脂肪が燃焼されてしまうので、バストアップのためのマッサージをする時にはできる限りやさしく、強く刺激しないようにマッサージを行いましょう。
 

バストを大きくするマッサージ

リンパの流れを改善する

二の腕から脇の下部分をマッサージしていきます。まずは二の腕の下部分をひじから脇の下に向かって手の平で刺激していきます。これを10回ほど繰り返した後、次に背中からデコルテまでをほぐしていきます。まずは背中に手をまわして、そのまま脇の下部分を通って、
反対側の鎖骨までを手の平で刺激します。こちらも10回ほど繰り返します。左右同じように計20回マッサージしましょう。強く揉むのではなく、あくまでリンパの流れを良くするために手の平を滑らせるようにやさしくマッサージしてあげましょう。

脇下のリンパ節をマッサージ

バスト横から脇の下につながる部分には「腋窩リンパ節」と呼ばれる重要なリンパ節があります。このリンパ節のコリをほぐすことでリンパの流れを良くすることができます。腋窩リンパ節を指でつまんで直接マッサージを行いましょう。10秒ほどマッサージを行うのですが、この時もできるだけやさしくするように心がけてください。少しのマッサージでも痛みを感じることがありますが、これはリンパの流れが滞っている証拠。1回や2回マッサージしただけでは改善することができないので、毎日少しずつ続けていきましょう。

バスト全体をマッサージ

バスト周辺を刺激したあとは、バスト全体をマッサージしていきます。その際には、基本的に下から上、外側から内側に向かってマッサージをしていきます。バストの下部分から斜め上に向かってマッサージしたり、アンダーバストの部分からバストを持ち上げるように、上に向かってマッサージをしていきましょう。
 


 
 
バストアップをするためには、整った食事で女性ホルモンの分泌を促すとともに、リンパの流れを正常にして老廃物を体に溜めないことが大切です。バスタイムやお風呂上りなどのボディケアにマッサージを取り入れて、バストアップを目指しましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。