美容スペシャリストな自分になるために

2016年9月11日更新

エステティシャン

あなたはスキンケアの基本を知っていますか? 正しいクレンジング・洗顔をして今日から美肌をゲット!


女性なら肌のお手入れのために化粧水や美容液など、基礎化粧品にこだわっている人も多いはず。ですがクレンジングと洗顔のやり方については、意外と見落としがちの人も多いんじゃないでしょうか? スキンケアでまず第一に大切なのは、化粧や汚れを正しく落とすことなんですよ。
 
そもそもスキンケアをする際には、クレンジングや洗顔をするのが必須。毎日当たり前のように行っている作業ですが、だからこそ惰性でやるのは危ないんです。間違ったクレンジングや洗顔をしないで済むように、正しい方法をしっかりと確認して、今よりもっと美しい肌を手に入れましょう!

クレンジングの基本って?

ゴシゴシこするのはNG

基本的なことですが、クレンジングをする際にゴシゴシと手のひらでこすってしまうのは絶対NG。仕事で疲れて帰ってきたときなどにはやってしまいがちですが、手のひらには意外と力が入りやすいもの。強くこすると摩擦で肌への負担が大きくかかってしまいます。そのためクレンジングをするときには、手のひらではなく指先を使って、やさしく落とすように意識しましょう。

ポイントメイクとベースメイクは別のものを

マスカラやアイシャドウが落としにくいからと、強すぎるクレンジング剤を選ぶと肌に刺激が加わって、乾燥やシワの原因になってしまう恐れがあります。そのためポイントメイクには専用のリムーバーを使うようにして、丁寧に落としてあげましょう。

すすぎに使うのはぬるま湯

クレンジング剤をよく馴染ませたら、次はすすぎ。その際には30~35度くらいのぬるま湯を使うのがポイントです。というのも、温度の高いお湯ですすぐと肌が乾燥してしまう原因になってしまうんですね。ちょうどいい温度のぬるま湯を使って、こすらずにやさしく肌に水を当てるようにして洗い流しましょう。
 

正しい洗顔方法とは

スキンケアを毎日しっかりして、お金もかけてるのに、なんだか肌の調子が良くならない…そんな風に悩んでる人は、洗顔の方法が間違っているのかもしれません。クレンジングと同様、汚れを落とすのに躍起になってゴシゴシとこすってしまうと、肌にダメージが加わってしまいますよ。

まずは手を清潔に

クレンジング前もそうですが、手に汚れがついたまま顔を洗うのはもちろんNG。雑菌が繁殖して肌荒れやニキビといった肌トラブルを引き起こす原因にもなるので、必ず手を清潔にしてから洗顔をするようにしましょう。

洗顔は1日2回まで

皮膚には元々、肌の水分を保ったりほこりなどの異物に対してバリアを張る機能が備わっています。ですが1日に何度も洗顔すると、肌に必要な皮脂やうるおいを保持するセラミドなど、大切な要素も一緒に洗い流してしまうんです。実は洗顔は、1日に朝と晩の2回行うだけで十分。肌が乾燥するのを避けるため、1日1回しか洗顔しないなんて女優さんもいるみたいですよ。

洗顔料はよく泡立てる

当たり前のことと思う人もいるかもしれませんが、これはとても大事なポイント。意識するべきなのはとにかく泡がきめ細かくなるように、そしてできるだけ多めの泡を作るようにするということ。毛穴の奥までしっかりと汚れを取り除くためには、きめの細かい泡がたくさんあったほうがいいんです。通勤・通学前の朝で、時間がないという人は泡立てネットなどのアイテムを使うと簡単にホイップ泡が作れますよ。
 

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント