美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.24

作成:2017.07.21

エステティシャン

エステティシャンの商材の仕入れ方法

数えきれないほどあるエステがある中、顧客を獲得するには他のエステにはないこだわりが必要です。

エステティシャンの技術面や接客面へのこだわりはもちろんのこと、サロンで使用している商材も実はとっても重要です。今回は、エステで使う商材を手に入れる方法を紹介していきます。

日本最大の総合ビューティ見本市でチェック

カーテン付きベッド

東京や大阪、福岡で年に一回行われる某イベントでは、エステ、ネイル、一般化粧品など美容に関する最新の商材や製品、サービス、情報、技術が国内外から集まります。

2017年の東京会場では、7万人を越える来場者を記録し、美容業界関係者の間では、注目されている見本市です。

さらに、これから流行が来そうな商材もいち早くチェックができるヘアスタイリストやエステティシャン、アイリストから話題に上がっているようす。

また、体験コーナーもあり、各企業のブースをまわってみるのも、勉強になります。

美容商材業者からサンプルをもらう

商材を扱っている卸問屋や代理店、卸通販サイトなどから、気になる商材のサンプルを取り寄せて、自分のサロンに合う、こだわりの商材を見つけるのも良いでしょう。

商材のサンプルには、無料のものから有料のものまであるので、やみくもに取り寄せると、料金が発生することがあります。

また、サンプルの取り寄せ個数には、制限がある場合もあるのでご注意ください

化粧品メーカーからサンプルをもらう

椅子の上のタオル

気になる商材がある場合は、直接メーカーに問い合わせてサンプルを取り寄せるという手段もあります。

新しい商材を検討しているときは、失敗しないためにもサンプルから使ってみることをおすすめです。

お客様からお金をいただくのですから、まずは自分が納得できる商材をお試ししてみないことには、人に勧めることはできません。

質の良い商材を取り入れてリピートされるエステティシャンへ

いかがだったでしょうか?自分のサロンカラーに合った質の良いこだわりの商材を使って、たくさんのリピーターを作りましょう。

そのためにも、サンプルを試して、納得のいくものを取り入れることが大切です。来店されたお客様が、通いたくなるエステになるために商材からこだわってみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。