美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.24

作成:2017.08.21

エステティシャン

エステサロンのパウダールームに関して

エステサロンの環境づくりにおいて、パウダールームは大変重要な役割を果たします。今回は、お客様の需要に応えることのできる、パウダールームのセッティング方法や、気をつけるべきポイントについてご紹介します。

パウダールームには何を置く?

基礎化粧品の瓶類

エステサロンのパウダールームには、何を置くべきでしょうか。多くのエステサロンのパウダールームには、衛生用品や基礎化粧品、メイクアップ用品などが設置されています。そのほか、ヘアスタイリング剤や、美容家電などが置かれているエステサロンも多いようです。

衛生用品とは、主にコットン・綿棒・ティッシュペーパー・あぶらとり紙など。美容家電とは、この場合ヘアアイロンやドライヤーなどがあるとうれしいですね。また、これらは、エステサロン以外のパウダールームでも最近置かれていることの多いです。
さらに、エステサロンで置いておきたいアイテムは、基礎化粧品やメイクアップ用品があるとよいでしょう。エステサロンでは、化粧を落として施術を行ったり、汗によって化粧が落ちてしまったりすることがあります。そのため、お客様はすっぴんで帰らなければならないことも。化粧水や乳液や、簡単なメイク道具、さらにマスクがあると喜ばれるでしょう。

基礎化粧品の販売を行っているエステサロンの場合は、商品のサンプルをパウダールームに置くことで、売り上げのアップも見込まれます。

パウダールームに必要なのは清潔感

コットンや綿棒などの衛生用品を置く場合は、蓋つきのケースにしましょう。

基礎化粧品やメイクアップ用品は、ボトルをこまめに拭くなどして、中身が漏れてボトルを汚していないかを、エステティシャンが確認することが重要です。とくにクリーム状の基礎化粧品は、クリームがボトルの溝部分にこべりついて埃が溜まったり、変色したりする場合がありますから要注意!

お客様が求めるパウダールームづくりを

エステサロンにいらっしゃるお客様は、美容意識の高い方がほとんどです。必然的に、パウダールームに求めるレベルも高くなります。まずはエステティシャン自身がそのパウダールームを心地よく使えるかを確認しましょう。

実際に椅子に座って、鏡を見て、化粧直しをしたり、場合によっては一からメイクをしてみてもよいでしょう。実際に衛生用品や美容家電を使うことで、「この位置では手を伸ばしにくい」「この衛生用品は肌触りが悪い」など、今まで気づかなかったことに気がつく場合もありますよ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。