美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.25

作成:2017.08.18

エステティシャン

エステサロンのコンサルティングについて

エステサロン向けのコンサルティングでは、業績を伸ばすために必要な知識を教えてくれます。エステサロンを運営する側としてどういったことを相談したり、どんな時にコンサルティングを頼めばよいのか解説してきます。

業績を伸ばしたいなら検討するべきコンサルティング

アイパッドを持つキャリアウーマン

エステサロンにはさまざまな業績アップの手法がありますが、そのどれもが上手くいったり、結果を出せるかどうかはオーナーによって違います。

そのため、売上を伸ばす方法を知り尽くしているコンサルタントと手を組み、業績アップを狙うのも手です。

コンサルティングを受けるメリット

コンサルティングを受けることで、売上を効率良く伸ばすことができます。

コンサルタントは売上を伸ばすプロなので、エステサロンの問題点を見破り、的確なアドバイスをし、他業種の発想もときには取り入れられます。そのため、自分自身で経営の知識が全くない中、ゼロから考えるより近道と言えるでしょう。

エステサロンオーナーの中には「経営を知らない」という人もいるかと思いますが、そういったエステサロンオーナーに経営の基礎知識を教え、安定した経営を可能にします。

コンサルティングを受けるデメリット

コンサルティングの値段は決して安くなく、例えば対面120分だったとすると、かかる費用は20,000円前後とかなり高額です。

そのため、売上を伸ばすためにコンサルタントを頼んだのに、コンサルティングの支払いでサロン経営に影響が、なんてケースも考えられます。

また、これまでオーナーが情熱を傾けてきたものにも改善すべきとアドバイスされることがあるため、他人の意見を聞き入れられない人には向いていません。

コンサルティングのスタイルにはさまざまなものがありますが、オーナーだけではなくスタッフとも接するタイプのコンサルティングには、現場の意見は反映しやすいですが、調査に時間がかかり、改善されるために長い期間が必要なことも。

サロン側がコンサルティングに相談する内容とは

パソコンを見てガッツポーズ

経営していく中で、売り上げや経営方針について迷いが出てくることや悩みが増えてくることもあります。そんなときにコンサルティングを活用しましょう。主な相談内容についてみていきましょう。

スタッフの育成に関するコンサルティング

サロンの中でもレセプション、マネージャー、店長、オーナーなど様々な階級があります。それぞれの階級に合ったスキルアップの研修なども行ってくれます。

また大手では、4月に新卒向けの研修をするときにも、コンサルティングを活用する傾向があります。社会人経験のない新人に、どんなことをレクチャーすべきか、接客マナーなどをもふまえて相談するそうです。

販促や集客など売り上げに関しての相談

相談内容で一番多いのは、集客などの売り上げに関してです。店を任されオーナーになったばかりの方や売り上げの厳しい状態が続き、集客に困ったときなどコンサルタントに相談します。

競合他社が集中している都市部や、過疎化が進む町でお客様の足が遠のいてしまい、集客が見込めない等について集客や販促についてのコンサルティングを行います。

一緒にサロンを作り上げてくれるコンサルティングを

お店の課題をはやく改善する一つの方法が、コンサルティングを活用すること。雇う際は、自身の考えをしっかり伝え、サロンを一緒に作り上げてくれる会社や人を選びましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。