美容スペシャリストな自分になるために

エステサロンの閉店のお知らせ時期と方法

エステサロンを閉店することになった場合、来店してくださるお客様のためにお知らせする必要があります。

ここでは、閉店のお知らせはいつ頃からするべきなのか、また、どのような方法でお知らせしたら良いのかといった点についてお話します。

閉店のお知らせは早めに伝えて

閉店の看板
 

個人で経営しているエステサロンは特に、諸事情ゆえに閉店しないといけないということがあると思います。「これまで通ってくださったお客様に悪いなぁ」という気持ちがあると、なかなか閉店することについては言い出せないかもしれませんが、閉店のお知らせはある程度ゆとりを持ってするようにしましょう。

 

前もって告知をしておけば、お客様は次に通うエステサロンを探すための時間を確保することができます。また、直前になって急に閉店のお知らせをするよりも、あらかじめ伝えておく方がお客様に与える印象は良く、トラブルも回避できるでしょう。

閉店のお知らせ方法

エステサロンが閉店することになった場合は、メールやハガキ・手紙などでお知らせします。

閉店のお知らせには、閉店する旨とともに、明確な時期を掲載しましょう。また、これまで利用して頂いたことへの感謝の言葉を含めることを忘れないでください。

 

エステサロンのホームページがあるならば、ホームページにも閉店をお知らせします。その際、契約して頂いているお客様への残り分の対応方法も掲載しておくと、混乱を防ぐことができます。

メールなどで閉店のお知らせをした後に、来店して頂いたリピーターのお客様には、閉店することを直接口頭でもお伝えすることも大切です。もし契約の残り回数分が、閉店までに消化できないようであれば、その対応についても説明してください。

お客様の立場に立った対応を

手紙
 

エステサロンの閉店が決まったら、できるだけ早めにお客様にお知らせするのは親切です。ただし、あまりにも早く閉店のお知らせをすると、お客様がエステサロンに通うモチベーションが落ちてしまうので、お客様が数回の施術を残した程度の時点で伝えるようにするのがおすすめ。

 

お知らせの方法は、メール・ハガキ・手紙などがあります。それらの方法であらかじめお伝えしておいて、お客様がサロンに来店された時に、今までのお礼も兼ねて直接お伝えするようにしましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。