美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.09.01

作成:2017.08.31

エステティシャン

メンズエステでの食事制限について

メンズエステの基本とは

一口に「メンズエステ」といっても、その種類はさまざまです。

筋肉

 

たとえば、脱毛のメンズエステもありますし、女性と一緒に行く男性用のウエディングメンズエステもあります。また、一般的な「ジム」と似たような意味で使われることもあれば、肌の調子をよくすることを目的としているものも。

なかには、「食事制限」の指導をしてくれるエステもあります。これは主に、筋肉作りやダイエットを目的としていることが多いです。これらのエステは、痩身メニューの一環として食事制限を取り扱っています。また、「メンズエステ」とは少し毛色は異なりますが、現在はトレーニングジムも食事制限を行ってダイエットや筋力作りをサポートしていることも。

メンズエステでの食事制限の基本

メンズエステでの食事制限の場合、単純に「食べる量だけを減らせ」「1日を1000キロカロリー以下に抑えろ」などのような、無茶な指導することはほとんどありません。

なぜならこのような無理な食事制限は、ダイエットや筋肉作りを逆に妨げることになるからです。

バランスボール

 

基本的には、「体によいものを、バランスよく食べていきましょう」と指導するはずです。特に高たんぱく質で低カロリーのものが好まれます。メンズエステに通う男性の多くが「運動」も組み合わせることでしょう。たんぱく質は、筋肉の原材料となるものですから非常に重要です。

ちなみに、話題の「糖質制限ダイエット」ですが、これについては見解が分かれています。「糖質はほとんどとらいとらないのが理想」と指導しているところもあれば、「それなりに摂取した方がよい」としている医師もいます。ただ、信頼できるメンズエステならば、食事制限の指導を任せてしまうのもよいでしょう。栄養士さんなどがいるかどうかも確認してみることをおすすめします。

メジャー

 

たんぱく質は、鶏肉によく含まれています。鶏もも肉ならば皮をはがして使いましょう。油分をとりすぎたくないということであれば、蒸し料理が理想的。たっぷりの野菜と一緒に、鶏もも肉を蒸しあげてください。
また、鶏ささみ肉や鶏ムネ肉も有効です。これは蒸し鶏にして手で割いておき、レタスなどとあわせてサラダ代わりにしてください。もちろん、ドレッシングは低カロリーのものを。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。