美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.09.15

作成:2017.09.13

エステティシャン

メンズエステ・セルフケアで男の臭いを即改善!

体が臭う原因

無臭の汗が皮膚の皮脂や雑菌と混ざることで臭いが放出されることによって、体が臭います。

朝の通勤や帰宅する際に、電車で周囲の男性の体臭が気になることはありませんか?臭気判定士と呼ばれる臭いのスペシャリストによる調査では、日本人男性の約90%は臭い対策が必要なレベルなのだとか。

体臭の原因を「汗」と考えている方がほとんどだと思います。ですが、汗自体に臭いはほとんどありません。汗には「エクリン腺」という汗腺と「アポクリン腺」という汗腺からでる汗があります。

エクリン腺から出る汗はほとんど水分で臭いはありません。一方アポクリン腺から出る汗はたんぱく質・脂質・糖質・鉄分が含まれており、臭いは多少ありますが、発達箇所は限定されています。そのためクサイと感じるレベルの臭いはありません。

セルフでできる臭いケア

外出前にシャワーを浴びる

体臭を予防するために、出かける前にシャワーを浴びて体を洗いましょう。人間の体は洗ってから平均で12時間後に臭いが出ると言われています。早い場合だと6時間で臭いが出る場合もあるそうです。体を清潔にする習慣をつけて体臭対策をしましょう。

ボディーシートを活用する

仕事やプライベートで外出をしている最中に汗をかいた場合は、ボディーシートの活用がおすすめです。外出している時はお風呂やシャワーを浴びるのは難しいので、ボディーシートで体を清潔に保つようにしましょう。

衣類を漂白剤で洗濯する

衣類に残った皮脂が原因で体が臭うことがあります。この場合、普通の洗濯用洗剤で皮脂を落とすことはできません。衣類についている皮脂をキレイに落とすためには「漂白剤」を使うことがポイント!漂白剤と洗濯用洗剤を一緒に洗濯すれば衣類に残った皮脂はキレイに取り除けます。

加齢臭専用石鹸を活用する

体臭は加齢臭と大きく関わる場合もあります。特に40代以上になると、加齢臭の成分ノネナールが発生する可能性が高いです。加齢臭を改善するためにおすすめなのが、「加齢臭専用の石鹸」です。臭いを抑える成分が豊富に含まれた石鹸を使って体をキレイにすることで臭いを予防できます。

食生活を改める

体臭が気になっている人、肉中心の生活をしていませんか?そのような食生活は、皮脂が多く分泌され、臭いを発生させる元をつくってしまっているかもしれません。野菜中心の食生活に変更して、体の内側から体臭を改善するのも一つの対策です。

臭い対策にはエステもおすすめ

エステに通って臭い対策をするのもおすすめです。汗が溜まりやすい部分を脱毛したり、デトックスをして体の汚れを落としたりして臭いを改善することができます。セルフでは難しい臭い対策はもちろん、外見もキレイになるので一石二鳥ですよ。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。