美容スペシャリストな自分になるために

エステティシャンの将来性に関して


 

低価格で施術できるエステが増えたり、個人に対する「美」の追求が高まったことにより、エステの需要は年々増加しています。そんなエステティック業界で働くエステティシャンの将来性について考えてみました。エステティック業界のこれからの就職状況について、詳しく解説していきます。

エステティシャンの強み

寝転ぶ女性
 

今までは女性を対象としたエステサロンが主流でしたが、最近は男性を対象としたエステサロンも増えています。女性の需要だけでなく、男性もエステを受ける人が増え、需要は右肩あがり。

 

そんなエステティシャンの強みは、ずばり技術でしょう。美顔器や脱毛器などの機械がどんどん開発されていますが、エステティシャンによるハンド技術効果には及びません。

 

「手当て」という言葉があるように、人の手には特別な力があるのです。体の構造やリンパの流れなど専門的な知識を備え、一人一人の体の仕組みや好みに合わせて施術が行えるのは、エステティシャンの強みと言えるでしょう。

 

しっかりと技術を習得し活躍し続けると、そのスキルが武器となり、各方面からオファーが来たり、他の働き口などからもお声がかかる事もあるのです。

エステティシャンの需要が拡大している背景

芸能関係者や経営者を中心に人気を集めていたメンズエステですが、現在では男性向けの新たな美容サービスも次々登場するようになり、一般の男性にも広く浸透し始めています。特に、営業職や接客業の男性がビジネス上の印象をアップさせるために利用することが多いよう。

 

メンズエステでは、ムダ毛の処理や痩身エステなど女性にも人気がある定番のメニューもありますが、男性特有のニーズを考慮して頭皮の毛穴ケアや血行促進といった髪の悩みに応えるものや、筋肉増強を目指すボディケアなど、男性ならではのサービスも人気を集めています。

 

また、意外と人気なのが日々のストレスを癒すオーガニックエステ。これは「美容」よりも「癒し」に重点を置き、自然素材やアロマにこだわったエステのことです。近い将来、男性も仕事帰りにエステサロンに通うという光景が普通になるかもしれませんね。

 

エステティシャンが輝ける場所

今後もますます飛躍が期待されるエステティック業界ですが、どういうところに働き口があるのでしょうか。

大手エステティックサロン

全国展開しているような大手サロンでは毎年多くのエステティシャンの募集があります。契約社員や正社員、パートやアルバイトなど様々な雇用形態で募集があるため、自分に合った働き方で経験を積むことができます。

メディカルサロン

皮膚科や整形外科、整骨院などのクリニックと併設されているエステティックサロンでは、医学的な視点をもったエステティシャンが活躍しています。

 

また、最近は化粧品メーカーの直営サロンに併設されるエステティックサロンも増えています。

ホテル

スパやサロンが設置されているホテルでの勤務も可能です。一流ホテルともなれば、エステティシャンとしての知識だけでなく、厳しい審査をクリアする必要がありますが、正社員として就職することができれば、国内外での勤務が期待できます。

求められるのは専門性の高いサロン

エステティシャンの大きな魅力は、経験を積んで、お客様からの支持を得られれば独立開業に踏み切ることができるという点です。しかし、数多く展開されているエステ業界で大型チェーン店などに対抗していくには、独自の技術や評価が必要になってきます。また、個人サロンなら地域密着型でお客様と近い距離で接することができる、アットホームなサロン作りなどいくつか工夫が大切になります。

 

さらに重要なのが、サービスの専門性を高めること。リフレクソロジーやヘッドスパなどに絞ってサービスを行うサロンや、加齢とともに衰える肌のケアを専門にしたアンチエイジングに特化したサロンなど、オリジナリティを出すことで固定のファンを得やすくなるはずです。

 
また近年ではエステティシャンの技術の進歩やサロンの増加などにより、業界全体としてハイレベルな施術やサービスが求められるようになっています。これに伴い、高い技術をもつエステティシャンの需要も拡大中。エステティシャン志望者は増えていますが、自分の技術に自信さえあれば引く手あまたのはず。是非、チャレンジしてみてくださいね。
 
エステサロンによっては、給与や勤務形態など労働条件があまりよくない店舗もありますが、そういったサロンではエステティシャンの定着率も悪く、お客様にもいい印象を与えることができません。そのため、一般的な会社員よりも高い給与で実力あるエステティシャンを雇ったり、休日がきちんととれる仕組みを整えたりと、エステティシャンを高待遇で迎える動きが業界内で広まりを見せているようですよ。

唯一無二のエステティシャンを目指して


 

若い世代だけでなく、年配の方から男性まで、市場を拡大し続けているエステティック業界。エステティシャン不足が囁かれる今こそ、知識や技術を持つエステティシャンは重宝されます。様々な技術講習に足を運んでみるのもいいですね。

 

まだまだ今後の飛躍が期待されるエステティック業界において、エステティシャンとしての強みを生かしながら、自分に合った働き方を探していきましょう。

この記事に関連するキーワード

エステティシャンの関連求人

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。