美容スペシャリストな自分になるために

自己処理ではきれいにならないへそ周り

へそ周りは皮膚が柔らかいので、自己処理が難しい部位です。しかし、自分で無理やり処理すると皮膚を傷つけてしまい、痕が残ってしまうことも。

さらに「この程度ならピンセットで抜いてしまえばいいや」っと思って行うと、「毛穴の黒ずみ」や「血のにじみ」、「腫れ」や「くすみ」もとになってしまいがち…。

カミソリやシェーバーは肌を傷つけ、ツルツルにはなりません。肌が柔らかい部分である、へそ周りは除毛クリームや除毛シートで処理をしようとすると、赤く腫れあがることもあります。

ツルツルすべすべのへそ周りを目指すなら「脱毛」がベスト。ここでは、へそ周りの脱毛について、詳しく調査してみました。

プロにお任せ!へそ周りの脱毛とは

へそ周りの脱毛の範囲

「へそ周り」とされる範囲はサロンによって異なりますが、大体へそから半径5センチが脱毛対象になります。

へそ周りのレーザー・光脱毛の流れ

  • 対象箇所にジェルを塗る
  • へそ周りにレーザー、または光を5回照射する
  • 照射を終えたらジェルを拭き取り冷却タイム

施術時間は計10分ほどです。

へそ周り脱毛の平均施術回数

  • 光脱毛の場合…計10回で脱毛完了
  • 医療脱毛の場合…計5~8回で脱毛完了

へそ周りの脱毛を受ける際の注意点

施術前日、もしくは施術当日の自己処理は避けた方が良いでしょう。

カミソリ処理で荒れた肌にレーザーや光を照射すると、赤くなったり痒くなったりするケースがあります。また、ピンセットで抜くのもNGです。施術の2日前には、肌を傷つけないよう注意しながら、カミソリで処理するのがおすすめです。

へそが見える女性のお腹

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。