美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.04

作成:2017.03.22

アイリスト

不自然なつけまつげを解消するテクニック

つけまつげのついた女性
 

手軽に目力をアップできてとっても便利なつけまつげ。簡単にボリュームを出すことができて嬉しい反面、デザインによっては不自然になってしまうこともあります。つけまつげをナチュラルに仕上げるにはテクニックがとても大切なのです。

 

今回は、つけまつげを自然に見せるテクニックを7つご紹介します。ちょっとした工夫で仕上がりが大きく変わるので、ぜひ試してみて下さいね。

付ける前の準備

つけまつげを付ける前に3つのポイントを意識して準備しましょう。ナチュラルに仕上げるには、数あるつけまつげの中でどんなものを準備すれば良いのでしょうか。

自然なデザインを選ぶ

付け方が良くても、デザインが派手すぎる場合はどうしても不自然になってしまいます。なるべく根本が透明で毛先がクロスしているつけまつげを選びましょう。目元によく馴染み、上手につければ自まつげのように見せることができます。

自分の目の幅にカットする

瞼の幅に合わせカットしておくことで、目じりからはみ出て不自然になることを防げます。必ず目尻側をカットすることがポイントです。

軽くカーブさせて馴染ませやすくする

指に巻き付けて、瞼に沿うようにカーブを付けましょう。このひと手間で、つけてから時間が経ったときに端から剥がれてくるのを防止できます。これで付ける前の準備は完璧です。

つけまつげを自然に付けるテクニック


 

続いて付け方についてご紹介します。付けるときは、次の4つのポイントを意識しながら付けてみて下さい。

  1. 自まつげをカールしておく
  2. 自まつげが下がったままだとつけまつげが浮いて不自然に見えてしまいます。ビューラーでしっかりカールしておきましょう。軽くマスカラを塗っておくのもおすすめです。

  3. つけまつげの接着剤はポイントで付ける
  4. つけまつげに付着する接着剤は、根本の全面につけず両端と中央につけましょう。そうすることで瞼が引きつらず瞬きをしても自然に仕上がります。プロのメイクさんも実践している方法で、意外と取れることがないのでおすすめです。

  5. 付けた後、指で密着させる
  6. 瞼に沿ってつけまつげを乗せたら、指で自まつげとつけまつげをぎゅっとはさんで密着させます。

     

    こうすることで睫毛の根本にぴったりとくっ付き自然に仕上がります。上からアイラインを引いてしまえば、さらになじみが良くなります。

  7. 自まつげと付けまつげをビューラーで挟む
  8. 最後にビューラーで挟み、カールしたら完成です。このときあまり力を入れすぎると不自然なカールになったり、取れてしまうことがあるので注意してくださいね。力を抜いて軽く2~3回挟むだけで十分です。

つけまつげでナチュラルメイクを楽しもう

ビューラーをするOL

こちらでご紹介したコツを活用すれば、何もせずにつけた時よりもなじみが良く自然に見えると思います。今まで不自然な仕上がりになってしまっていて使用していなかったつけまつげも、この方法ならナチュラルに仕上がるかもしれません。

 

今回ご紹介した7つのテクニックを使って、ぜひ今以上にメイクを楽しんで下さいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。