美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.30

アイリスト

まつ毛の次はなんと眉毛! 欧米からやってきた最新美容施術“眉毛エクステ”に女子大注目!

髪の毛、まつ毛と種類があるエクステですが、ついに眉毛にもエクステが登場しました。ダレノガレ明美も自身のTwitterで「すっぴん盛れる」とおすすめしていた、“眉毛エクステ”とはいったいどんなものなのでしょう?

欧米から来た最新の美容施術“眉毛エクステ”とは!?

「日本眉毛エクステンション協会」によれば、眉毛エクステとは2014年頃から欧米で行われている最新の美容施術なのだそう。基本的には、まつ毛エクステと同じで、眉毛一本一本に専用のエクステをグルー(接着剤)で付けて眉毛を増やす方法です。眉毛自体のボリュームアップや、眉毛の形を左右整えたりするのに効果を発揮。最近の眉毛のトレンドがナチュラルな太眉だということも相まってか、多くの女性から注目を集めています。すでに施術を受けた女性たちからは、「眉毛エクステのナチュラルさがすごい」「スッピンでも盛れるし、化粧がはやくなったからすごく楽ちん!」「昔抜きすぎて眉毛生えてこないから、眉エク本当に重宝してる~~」と好評の声が続出中です。

眉毛エクステってどうしたら施術できるの?

眉毛エクステはサロンに行っての施術が必須。眉毛は骨格に沿って生えているため、顔の表情や動きまでを考慮してエクステをつけなければ不自然になってしまいます。気になる施術の値段は一般的に5,000円~10,000円程度で、料金形態としてはエクステの本数が決められている場合と、付け放題の2種類になっています。もちろん本数制限のある方が安くなっている場合が多いですが、しっかり眉毛を増やしたいと考えている人は100本程度のエクステが必要になるそう。どのような目的で施術するのかを考えてからプランを選ぶことがおすすめです。施術前にカウンセリングを行うサロンがほとんどなので、そこできちんと自分の要望を伝えておくといいかもしれませんね。

眉毛エクステを施術したら日々のケアを大切に!

眉毛エクステをきれいに保てる期間はおよそ2週間までと言われています。元々の眉毛が伸びる周期に合わせてメンテナンスが必要になってくるため、こまめにサロンに通うことが必要。せっかく整えている眉毛がメンテナンスをさぼったことで不自然になってしまっては元も子もないですよね。しかし、出来るならば少しでも「持ち」をよくしたいもの。エクステ専用のグルーが油に弱いため、オイルクレンジングを避けるようにしたり、なるべく眉毛の流れに逆らわないように洗顔やメイクを行うなど、日々のケアをきちんとおこないましょう。
 
まだ施術を行っている店舗自体少ない眉毛エクステですが、女性たちから大きな注目を集めていることは確か。「急に彼氏と初めてのお泊りに行くことになったけど、眉毛がなくてマロ!!」なんて緊急事態にも大活躍間違いなしです。
 
画像出典:ダレノガレ明美 Twitter

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。