美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.01.31

作成:2017.04.20

アイリスト

まつげエクステ装着時に目薬を使うポイント


 

まつげエクステは手軽な反面、エクステが取れないよう日々の生活でも神経を使っています。オイルクレンジングを使ってはいけないなどと気を付ける点がいくつかありますね。

 

また、目薬や目の洗浄液を使用されている方は、エクステが取れやすくならないか心配する人も多いのではないでしょうか。今回は、まつ毛エクステを付けたまま目薬を使用する時のポイントや、目を清潔に保つ方法をご紹介します。

まつ毛エクステをしたまま目薬を使っても大丈夫?


 

目薬の成分でまつ毛エクステのグルーが取れやすくなるということはありません。激しく擦ったりしてしまうと、もちろん持ちが悪くなりますが、一般的な方法で使用する分には問題ないそうです。

 

目の洗浄液などについても同じなので、花粉やドライアイに悩んでいる人は安心して使用して下さい。実際に使ってみて、まつげが抜けているような気がしても、単純にまつげエクステの寿命が問題だと思って良いでしょう。まつ毛エクステの寿命は、長くても1か月程度のため、目薬や洗浄液の問題ではありません。

まつエクを付けてすぐ使っていいの?

目薬や洗浄液の成分でまつげエクステが取れる心配はありませんが、施術直後から使用するのは控えましょう。使用するのは、まつげエクステを付けてから3~4日後からにしてください。まつ毛エクステを付ける際の接着剤は6時間経過しないと完全には乾きません。見た目では乾いているように見えても、少しの刺激で取れやすくなってしまいます。

 

目薬や洗浄液の成分が、乾ききっていないまつげエクステに付くと、せっかくのエクステが台無しになってしまいます。特に目の洗浄液を使用する場合は、グルーが溶けだして目に炎症が起きてしまうこともあります。完全にグルーが乾いたことを確認してから使用してください。

目元を清潔に保つポイント

まつげエクステを付けた目元は、刺激を与えないように優しくクレンジングを行います。

 

優しくクレンジングをする事でメイクが完璧に落ちていない事もあり、清潔に保てていないこともあります。擦りすぎると取れやすくなるという不安もあり、しっかりクレンジングできている人は少ないです。そういった意味でも、目元を洗浄液でしっかり除菌して、目薬で潤いを与えるのはとても良いことです。

 

洗浄液は不潔になりがちな目元を清潔に保ち、目のトラブルを事前に防ぐことが出来ます。ですが、毎日使う必要はなく2~3日に1回程度でも十分効果があります。目薬などは、目が乾くと感じた時や、痛みがある時に使用しましょう。

 

まとめ

今回は、まつげエクステを使用している時に目薬や洗浄液を使う注意点と、目元を清潔に保つポイントをご紹介しました。

 

まつげエクステに悪い影響を与えることはなく、清潔に保つという意味でも効果があります。目元を不潔にしておくと眼病を引き起こし、まつ毛ダニを発生させる恐れもあります。今まで目薬や洗浄液の使用を控えていた方も、ぜひ使って清潔な目元を維持してくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。