美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.01

アイリスト

差し色やラメで派手めなワンポイントを! メイク崩れを気にせずに夏フェスを楽しむアイメイク

いよいよ到来する“夏フェス”の季節。毎年心待ちにしているお祭りの季節なのだから、メイクだってバッチリ決めて参加したいですよね。しかし、真夏の暑さはメイク、特に崩れやすいアイメイクにとって大敵。今回はそんな夏の暑さに負けないアイメイクについて紹介していきます。

夏フェスに打ち勝つアイメイクはまずベースメイクから!

夏フェスでは時間が経つにつれて、アイライナーがにじんでしまったり、アイシャドウが取れてしまったりするもの。「気合い入れて化粧したせいで、アイラインがにじんで完全にパンダだ…」「知らないうちにお化けみたいな目になってたー(泣)」なんて悲鳴も聞こえてきます。そんな人におすすめなのは、アイメイクをする前に、目元専用の化粧下地をきちんと塗ること。「アイプライマー」と呼ばれる専用の化粧下地は、メイクをぴったりとフィットさせ、化粧ヨレを防止してくれます。また、ラメの飛び散りを防いだり、アイシャドウやアイラインの発色・色持ちも良くしてくれるので、一つの手間でいいことづくめですよ。

いつもと違うワンポイントでシンプルメイクでも夏フェスらしさを!

自分の気になるアーティストやブース巡りで大忙しの夏フェスは、なかなか化粧を直す時間をとるのも難しいですよね。そんな時は、メイク直しの手間が少ないようになるべくシンプルに、かつインパクトが出るような、いつもと少し違う色や素材を使ったアイメイクにチャレンジしてみてはどうでしょう?
 
例えば、普段はなかなか使えないカラーのアイライン。アイシャドウやアイライナーをがっつり重ねて目元を目立たせるのではなく、シンプルな目元に色のついたアイライナーで差し色を入れることで目元が映えるメイクを目指しましょう。重ね塗りなどをしていないのでメイクも崩れにくく、直しやすくなりますよ。カラーメイクが初めての人は、ピンクやオレンジなど肌に近い色からチャレンジするのがおすすめです。
 
また、アイメイクだけでなく、目の周りにストーンやシールを張り付けるという方法も。目の下や頬、さらに瞼などにラメやグリッター、ホログラムを付けるメイクを「キラキラメイク」と呼びます。この「キラキラメイク」は、つけまつげ用ののりなどを使って肌にラメ素材のものを付けているだけなのでメイクするのも直すのも簡単。菅野結以や木村カエラも取り入れており、若い女性を中心に「目元キラキラがお祭りって感じでテンション上がる~~!!」「いつもと一味違うんだぜ感が強いところがすごくいい!」と大人気のメイク方法です。これなら、目元にインパクトを与えることが出来るので、アイシャドウやアイラインはシンプルでも可愛く仕上がりますよ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。