美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.04.21

作成:2017.04.18

アイリスト

まつ毛を埋めるアイラインの描き方

化粧品
 
アイライナーはアイメイクの必需品です。ダブルラインやキャットアイなど、アイラインにも様々な形があります。しかしアイラインの書き方を失敗してしまうと、目が半開きに見えてしまったり、まるで白目を向いているように見えてしまったりすることもあります。
 
これは、まつ毛の隙間や生え際をしっかりとアイラインで埋めていないことが原因です。アイラインの基本的な書き方やアイライナーのタイプ別の使い方を紹介していきます。メイク初心者さんも、アイメイクをもっと極めたいという人も、是非参考にしてみて下さい。

アイライナーでまつ毛の隙間を埋める

鏡を見る女性
 
アイラインを引くときのポイントは、まつ毛の生え際や隙間にも、しっかりとアイラインを書くことです。アイラインを書く事が苦手な人は、最初にアイラインを目尻にそって一気に書いてしまっていませんか?アイラインを横に引くより、点でまつ毛の生え際と隙間を埋めていくようにしましょう。
 
これに失敗してしまうと、まつ毛の生え際が白くなってしまい、半目で白目をむいているように見えてしまいます。まぶたを指で上げて半目の状態にしながら、粘膜の部分にまでアイライナーを使うと上手く描きやすいのでオススメです。

タイプ別アイライナーの使い方

沢山のアイシャドウ
 
アイライナーにもたくさんの種類があります。ここではアイライナー別に、どのようにまつ毛を埋めていけばいいかを簡単に説明していきます。中には合わせ技で色んな種類のアイライナーを一緒に使っている人もいます。
 

ペンシルタイプ

ペンでアイラインを書くように簡単に出来るので、初心者にはオススメです。さらに、まつ毛を埋めたあとにアイシャドウでぼかしやすいため、ナチュラルに仕上げることができます。粘膜などインラインを書くのにもオススメです。

リキッドタイプ

細い筆ペンのような形でアイラインを引いていきます。色にもよりますが、ラインがしっかりと発色するため、くっきりしたインパクトのある目元を作ることができます。筆先が細いため、細かい部分にも対応できます。目尻を跳ね上げることも簡単にできます。

ジェルタイプ

ペンシルタイプとジェルタイプの中間といった質感です。小さなボトルにジェルが入っていて、筆を使いアイラインを引いていきます。ジェルペンシルタイプも出ていて、気軽に使うことができます。キャットアイなどデザインすることもできます。
 

基本のアイラインをマスターしよう

アイラインの一番の基本は、まつ毛の隙間をアイライナーでしっかりと埋めることです。そうすることで、ナチュラルで大きな目を作ることができます。基本をしっかりマスターしてから、自分の好きなアイラインを書いてみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。