美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.09.01

アイリスト

約9割の女性がまつ毛ケアをしていない!?

化粧品会社が「まつ毛」に関するアンケートを実施しました。調査の結果、6割近くの人がまつ毛に悩みがあるにもかかわらず、全体の約9割がまつ毛のケアを行っていないことが判明。今回は、女性のまつ毛の悩みや1人でできるケア方法をご紹介していきます。

まつ毛もダメージを受けている! まつ毛のケアを忘れてない?

 


顔の印象を大きく左右するアイメイク。中でもまつ毛は、長さやボリュームによってさまざまな表情を演出できる重要なパーツです。ビューラーやマスカラでかわいくメイクしていても、忘れがちなのがまつ毛の“ケア”。きれいなまつ毛を保つためにはケアが必要です。欠かさずお手入れしておくと、まつ毛の悩みも解決し、理想のまつ毛に近づけるはず。
 
アンケートでは「まつ毛の悩みがありますか?」と尋ねたところ、57%の人が「はい」と答えました。悩みの理由として最も多くあげられたのは、「ボリュームが少ない」で65.7%。他にも「短い」「切れやすい」などが後に続き、人によってさまざまな悩みを抱えているようです。
 
SNSなどでも「もともとボリュームが少ないし短いから化粧をしてもバッチリまつ毛にならない」「ビューラーでまつ毛を挟んだらよくブチブチ切れる。痛んでるのかなぁ」と、まつ毛に関する悩みの声が多数。アンケートでは「まつ毛メイクが地まつ毛を傷める原因になっている」と感じている人の割合が約7割にのぼり、多くの人が負担を自覚しながらもメイクを続けていることがうかがえます。
 
しかし「普段からまつ毛ケアをしていますか?」という質問に対し、「はい」と回答したのはたったの12.9%。なんと全体の約9割の人がまつ毛ケアをしていないことが明らかになりました。まつ毛をきれいに見せるためのマスカラやマツエク・つけまつ毛などでも、ケアをせず放っておくとまつ毛へのダメージはたまる一方。肌や髪と同じように、まつ毛のケアにも注目してみましょう。

簡単にできる! まつ毛のケア方法とは

まつ毛ケアに常備しておきたいのが「まつ毛美容液」。まつ毛美容液には保湿成分などが含まれており、使用することで「まつ毛にコシやハリが出る」「抜けにくくなる」などの効果が期待できます。使い方もクレンジングと洗顔を済ませた後、マスカラと同じようにまつ毛に塗るだけと簡単。
 
ネットでは「まつ毛美容液使い続けたらまつ毛の1本1本がしっかりしてきた」「ずっと使ってるとまつ毛が伸びたし太くなった気がする」と効果を実感する声が上がっています。「お風呂に入るときに塗っておくと、温まって美容成分が浸透しやすいのか前より効果がある」という人もいるので、試してみてもいいかも。最近ではまつ毛美容液成分が配合されたマスカラも販売されています。メイクしながらケアできる優れものなので、メイクはしたいけどまつ毛のダメージは避けたいという人におススメですよ。
 
長くてフサフサのまつ毛は女性の憧れ。しっかりとお手入れをしてまつ毛の悩みとおさらばしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。