美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.05.08

作成:2018.10.01

アイリスト

目の疲れのサインに気づいてる?アイケアで理想の「すっぴん瞳」に。


 

朝起きてから夜眠るまで、私たちの目はずっと働いてくれています。毎日スマホの画面を見たりパソコンとにらめっこしていると、実は気づかないうちに目にはたくさんの負担がかかっているのです。疲れたままの目だと、メイクをしてもクマが出てしまったり化粧がくすんでしまったり・・・。

目の疲れは、実は女性の大敵!毎日頑張ってくれている目を労わって、キラキラな目を保ちましょう!

目が疲れるのはどうして?

夕方になると、「なんだか目が疲れた…」そんな風に感じることも多いはず。では、なぜ目の疲れが起こってしまうのでしょうか?

ブルーライトの浴びすぎ

普段毎日触れているスマホやパソコンの画面からは、実は目には見えない「ブルーライト」というものが出ています。皆さんも、一度は聞いたことがあるはず。実はこのブルーライトが目を疲れさせてしまう大きな原因です。

 

通常目に入る他の光と比べて、このブルーライトの光は波長がとても短いのが特徴的。そのため光が散乱しやすく、脳が「まぶしい」と感じる原因となります。このまぶしさを常に感じることで、目が疲れやすくなってしまうのです。

ついつい画面に集中するとまばたきの数も少なくなり、目が乾いて疲れてしまうことにもつながります。

コンタクトによる目の渇き

特にコンタクトレンズをしている人は、目が乾いて疲れやすくなります。コンタクトのレンズには水を含む性質があるものが多く、その性質が眼球の表面の水分を吸収してしまいます。さらに、レンズの外側から吸収した水分が蒸発してしまうために目が乾燥しやすくなるのです。

 

ドライアイという症状を生み出し、それが「目がしょぼしょぼする」「目がぼやける」といった疲れを発生させてしまう原因になっているのです。ちなみにこのドライアイ、ホルモンの関係で男性よりも女性がなりやすいので要注意!

ストレスや寝不足

実は、私たちの目は知らないうちにストレスを感じています。自分では気づいていなくても、毎日の仕事や生活の中で知らないうちにストレスが蓄積されて、気づいた時には慢性的に目が疲れるようになってしまっていることも・・・。

 

目のピントを合わせるためには自律神経を使う必要があるのですが、ストレスがかかることでこの自律神経が正常に働かなくなってしまい、ぼやける・かすむといった症状が発生するのです。この状態がさらに続くと、肩こりや吐き気、めまいなどの更に深刻な症状も発生してしまいます。

疲れ目解消のために!目のストレッチやヨガ

目ヨガ

1日中パソコンやスマホとにらめっこして、くたくたに疲れた目を本来の状態に戻してあげましょう。ヨガの経験がない方でもイスに座ったまま簡単にできる、「目ヨガ」をご紹介。

  1. まずは両手をこすり合わせてあたためます
  2. 両手をお椀のような形にして、両目を覆う
  3. 目に空気を与えてあげるようなイメージで、大きく息を吸い込む
  4. 吸い込んだ息を、疲れを吐き出すイメージで口から吐き出す

これを10回くらい繰り返しましょう。短時間でできるとても簡単な方法ですが、疲れた目が驚くほど軽くなったように感じますよ。

お昼休憩の最中や、夕方の疲れた時間に行うのがおすすめ!

目のストレッチ

1日5分程の時間でできる簡単なストレッチをご紹介します。毎日続けることで、眼球の筋肉をほぐして疲れ目になりにくくしてくれます。

まばたきストレッチ

  1. まずは左右の目を交互に、10回ずつウインク
  2. 両目を、ぎゅっと強めにつぶる
  3. 目をつぶったまま、眼球を右・左・上・下と10回動かす
  4. 10回程度大きくまばたきをする
  5. 最後に、目の周りの骨に沿ってぐっと押してマッサージ

上下左右に動かすストレッチ

  1. 両目一緒に、上下に動かす
  2. 次に、両目一緒に左右に動かす
  3. 右斜め上から左斜め下に動かし、その反対も行う
  4. 最後に、右と左で交互にぐるりと動かす

このストレッチは、5回ずつ2セット行うと効果的。空いた時間になるべく毎日行ってみて下さいね。

アイケアを怠らず、女性らしい綺麗な目元をキープ


 

目が疲れていると、顔がむくんだりクマができたりとメイクが綺麗に映えなくなってしまいます。また、目の周りが乾燥するとしわやしみ、くすみの原因にもなります。

 

前述したような目のストレッチを毎日欠かさずに行うことに加えて、1日使って疲れた目にはあたたかいアイマスクをして眠ることも綺麗な目元をキープするコツです。あたたかいマスクで保湿すると目元の乾燥が防げるだけでなく、血流が良くなってしみやしわのない美しい肌を保つことができますよ。

 

毎日のアイケアを欠かさず行って、疲れ知らずで透明感溢れる「すっぴん瞳」を手に入れちゃいましょう♪

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。