美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.12.12

作成:2017.03.21

アイリスト

まつ毛パーマを無駄にしないメイクの方法、パーマをかける前後の注意点とは

メイクをしている女性
 

まつ毛パーマをかけたらマスカラやビューラーなど、アイメイクをしてもいいのでしょうか。せっかくのパーマ効果が台無しになってしまうのではないのかと、心配になってしまう方もいるでしょう。ここではまつ毛パーマのアフターケアもまとめてご紹介します。

まつ毛パーマの後、マスカラやアイメイクはしていいの?

結論から言うと、もしまつ毛パーマをかけたら、極力まつ毛のメイクは避けた方が良いです。

 

特にマスカラ・ビューラーはせっかくのまつ毛パーマを台無しにしてしまうのでやめたほうが無難です。またパーマによってまつ毛にダメージを与えてしまうので、なるべく負担をかけないためにも避けてください。

マスカラのクレンジングはまつ毛のカールが落ちてしまう可能性大

ウォータープルーフのマスカラを使うと、落とすときにクレンジングを使わなければなりません。クレンジングをコットンに含ませてまつ毛を挟んで引っ張る、指先でまつ毛を挟んでマスカラをもみ落とす等の動作によってまつ毛のカールは徐々に落ちてしまいます。

ビューラーはカールを台無しに!抜け落ちてしまうことも

パーマでまつ毛をカールしたのにビューラーを使ってしまうと、せっかくの自然なカールが台無しになってしまいます。ビューラーの力によってカールがついているまつ毛が抜けてしまい、本数が減ってしまうので注意しましょう。

まつ毛に大きなダメージを与えてしまうことも

まつ毛にパーマ液を塗ってカールをつけるまつ毛パーマ。少なからず、まつ毛にダメージを与えています。そのため、さらにまつ毛にダメージを与えるようなアイメイクは控えた方が◎。負荷を加えることでまつ毛が細く弱くなり、切れやすくなってしまうことも・・・。

普段は濃いメイクが好み!という方は、まつ毛パーマをした後にまつ毛エクステを付けてみては?

アイシャドウやアイライナーはOK!

マスカラやビューラーはNGであるものの、それ以外のアイメイクは通常通り行っても問題ありません。

ただし、普段アイライナーを目の粘膜までしっかり引いている方は注意が必要に。まつ毛の生え際を刺激することでまつ毛の向きがバラバラになったり、抜けやすくなってしまう可能性があります。まつ毛パーマの後にアイメイクをする時には、まつ毛の生え際は避けてあげると良いですね。

 

まつ毛パーマのアフターケアは?ボリュームアップケアもチェック

まつ毛パーマを1日でも長く楽しむためには、パーマをかけた後のアフターケアもとても大切!以下でご紹介するポイントをおさえて、綺麗なカールを長く楽しんでくださいね。

洗顔後に顔をゴシゴシこすらない

顔を洗ったあとは、ついタオルでゴシゴシと顔を拭いてしまいがち。タオルの繊維がまつ毛に絡むとまつ毛にダメージを与えてしまうので、目元はなるべく優しく水を拭き取るようにしましょう。

もちろん洗顔中も目元に刺激を与えないことが大切!しっかりと泡立てて、優しく肌をなでるように洗ってくださいね。

ボリュームを出したいときはマツエクを

もっともまつ毛パーマと相性のいいボリュームアップ方法は、マツエクです。パーマはあくまでもカールを出すだけなのに対し、マツエクはまつ毛の本数を増やして長く見せることが可能です。

 

マツエクは人工的にまつ毛を接着剤で張り付けて増やすので、マスカラだけでなくアイラインも不要になります。またエクステ自体にカールがかっているので、ビューラーも不要です。わずらわしいアイメイクがなくなり、落としづらいマスカラをクレンジングすることもなくなります。よってまつ毛への負担を大幅に軽減し、美しいまつ毛カールを維持します。

 

ただし、気を付けたいのはあまり長いエクステにしないこと。元々まつ毛パーマでまつ毛に負荷がかかっているので、さらに地まつ毛よりも長すぎるまつ毛を付けてしまうとまつ毛が弱って抜けやすくなることも。

アイリストに相談して地まつ毛に合った長さと太さを選んで、エクステのカールもまつ毛パーマに合ったものを選んでもらうようにしましょう。

まつ毛美容液で健康を守る

あくまでもマツエクは人工的にまつ毛をつけてボリュームアップする方法ですが、まつ毛美容液を使えば自分のまつ毛の成長を促すのに役立ちます。まつ毛用美容液には、さまざまな商品があり、育毛成分や保湿成分が含まれている美容液があるのでまつ毛の抜け毛や細く弱ってしまったまつ毛にお悩みの方におすすめです。

 

自分に合う美容液を探すため、まずはいくつか試してみてから利用してください。パーマで傷んだまつ毛や、長い間エクステを付けていたまつ毛など美容液で補修してあげましょう。

まつ毛パーマのサロンに行く時のアイメイクは?

まつ毛パーマをした後にはアイメイクをしない方が良いことが分かりましたね。それでは、まつ毛パーマをかけにサロンに行く時のメイクはどうしたら良いのでしょうか?

答えは、「マスカラはせずに向かう」のが正解です。ちなみに、「マスカラ以外のアイシャドウやライナーはOK」です!

 

マスカラやビューラーをして行った場合にはサロンでオフすることもできますが、別途料金が掛かることもあります。また、ウォータープルーフのマスカラを使っていた場合には、オイル入りのクレンジングを使用してオフする必要があります。そうすると、目元に残ったオイルが邪魔をして上手くカールがかからないことも。せっかくサロンでまつ毛パーマをかけるなら、万全の体制で臨みたいですよね。そのために、マスカラとビューラーはせずに向かいましょう。
 

また、まつ毛パーマをかけた後は目元のメイクが取れやすいので、メイク直し用のアイシャドウやライナー、ファンデーションをサロンに持参していくと良いですね。

 
美容液を塗る女性

美容液でまつ毛パーマを生かしたケアを!

まつ毛パーマをかけたら、マスカラやビューラーなどのまつ毛へのメイクは避けましょう。アイシャドウやアイライナーなどのアイメイクならばOK!

もしまつ毛にボリュームが欲しいようならまつ毛エクステを付けて、せっかくのまつ毛パーマの効果を無駄にしないようにしましょう。

 

まつ毛美容液でまつ毛をいたわるケアも忘れずに、長く綺麗なカールを楽しんでくださいね!

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。