美容スペシャリストな自分になるために

更新:2021.04.15

作成:2017.03.28

アイリスト

まつ毛が下がる原因と対策


 

ビューラーを使ってまつ毛をカールさせても、すぐに下がってきてしまうという経験はありませんか?これでは折角丁寧にメイクをしたのに、気分も一緒に落ちてしまいますよね。「使っているマスカラが悪いのかな…」と何度も買い替えているなんて人もいるでしょう。案外、マスカラのせいではないのかもしれません。ここでは、まつ毛が下がる原因とカールを持続させるための対策をご紹介します。

 

INDEX
■まつ毛が下がる3つの原因
■カールを持続させるための対策
■下がりまつ毛を解消!まつ毛パーマやマツエクも視野に
■まとめ

まつ毛が下がる3つの原因


 

きちんとカールさせたはずのまつ毛が、なぜ下がってきてしまうのでしょうか。まつ毛が下がる原因として考えられる事を3つご紹介します。

1.まつ毛に油分を含む乳液が付いている

メイクを始める前に、化粧水や乳液を塗る事が多いと思いますが、実はそのスキンケアに原因が潜んでいるのです。保湿のための乳液には油分が含まれている事があります。顔全体に馴染ませて、おそらくまつ毛にも乳液が付いている状態ではないでしょうか。油分が付いたまつ毛は、ビューラーでカールさせても下がりやすくなってしまいます。

 

また、ファンデーションやアイメイクをした後にビューラーを使う人も少なくありません。その場合にも、コスメの油分がまつ毛に付着する事があるので注意して下さいね。

2.ビューラーが汚れているor劣化している

意外に忘れがちなのが、ビューラー本体の汚れです。ビューラーが汚れていると、まつ毛を上手くカールすることができず、まつ毛が下がる原因になります。朝の忙しい時間には、つい汚れをふき取ることを忘れてしまいがちなのですが、使用後はティッシュや柔らかい布などで汚れを拭き取っておきましょう。そうすることで、常に清潔に保たれ、衛生的にも良いですよ。

 

また、ビューラーのゴムが劣化していてもいけません。まつ毛を挟む部分なので、ゴムの劣化はまつ毛下がりの原因に。ゴムが劣化しているかどうかの判断は、ビューラーを閉じた際に上のフレームがゴムの中心に来ていればOK。もし、外側にズレて来ていればゴムが劣化しているサインです。

3.まつ毛が乾燥して傷んでいる

お肌の乾燥は気にするけど、まつ毛は放置状態!という人も多いのではないでしょうか。お肌と同じようにまつ毛も乾燥するのです。お肌の乾燥があると上部にメイクかのらないのと同じで、まつ毛も乾燥していると上手くカールがかかりません。冬の寒い季節だけでなく、お肌とまつ毛の潤いを保てるようにしておくのが◎。

カールを持続させるための対策


 

では、次に対策方法をご紹介します。まつ毛が下がる原因を3つ上げましたが、それらをカバーできるように今日から取り組んでみてはいかがでしょうか。

まつ毛に付いた油分をオフする

メイクをする前に乳液を塗る場合、まつ毛を避けて丁寧に塗るようにしてみて下さい。まつ毛に付いてしまった油分がカールの持ちを悪くします。まつ毛に付いた油分をコットンで優しくオフしてからメイクをスタートさせるというのも良いでしょう。少し手間は増えますが、まつ毛の油分をオフする事でカールの持ちをグンとアップすることが出来るので、やってみる価値はありますよ。

ビューラーの使用方法を見直す

まつ毛にビューラーを使用する際、根元、中間、毛先の順でカールさせる事が多いと思いますが、ポイントとしては「しばらく挟んだ状態を保つ」こと。急いでいるとすぐにスライドさせたくなりますが、数秒待つことが大切です。

 

また、あごを引きながらビューラーを使用し、特に根元はしっかり挟んで待ちましょう。ビューラーを強く握りすぎると、まつ毛が抜けたり不自然なカールになったりするので注意が必要。力は入れすぎずに、何度か繰り返すようにして下さいね。

ビューラーをメンテナンスする

みなさんはどの位の頻度で付属のゴムを交換していますか?

ビューラーを毎日使用する人であれば、1~2ヶ月位を目安にゴムの交換をしましょう。ビューラーを購入すると予備のゴムが付いてくる事もあり、取り換えが必要な商品だという事です。

 

ゴムを取り換える際には、左右に偏らせずに中心にセットするのがポイントです。つい、「まだいいか」と交換を怠ることも多いですが、早めに対策を取ることでまつ毛を長くキープすることが出来るでしょう。

まつ毛美容液でまつ毛ケアをする

まつ毛の乾燥を防ぎ、健康でハリのあるまつ毛をキープするためには、「まつ毛美容液」を使うと良いですよ。健康なまつ毛になる事で、長さが伸びたりまつ毛の量が増えたりする事もあります。マツエクやまつ毛パーマが大流行している中、どんなアイメイクにも健康なまつ毛でいる事が大前提。日頃のまつ毛ケアを行う事で、可愛らしい目元に近づきますよ。

下がりまつ毛を解消!まつ毛パーマやマツエクも視野に


 

注意しながらビューラーをあてていても、まつ毛の長い人や毛質の違いにより、どうしてもまつ毛が下がってきてしまう事もあります。結婚式や同窓会など、朝から夜までまつ毛をバッチリ上げたままにしたいという日もあるでしょう。そんな時は、1度まつ毛にパーマをかけてみても良いかもしれません。まつ毛パーマは個人差がありますが、大抵3週間~1ヶ月位はもつ事が多いので、おすすめですよ。

 

また、まつ毛の長さを強調できる次世代パーマと呼ばれる「パリジェンヌラッシュリフト」も人気です。パリジェンヌは、1ヶ月~1ヶ月半持ちが続くので試してみて下さいね。

 

また、自まつ毛1本1本に接着剤で付けるまつ毛エクステも人気があります。まつ毛エクステは様々な長さのものがあり、太さやカールの種類も豊富です。アイラッシュサロンへ行き、美容師免許を持ったアイリストに施術してもらえるので安心ですし、いつでもまつ毛のカールを演出できますよ。

 

こちらも個人差はありますが、 3週間~1ヶ月位は楽しめます。徐々に取れてきてしまいますが、こまめにメンテナンスをすればいつでもパッチリな目元でアイメイクの時短にもなります。毎朝行っていた、ビューラーでのカール作業やマスカラなどのアイメイクも不要になります。

 

まつ毛エクステを付けている際には、オイルフリーのメイク落としを使うようにして下さい。オイル成分の入ったメイク落としを使用すると、接着したまつ毛エクステが外れてしまいます。メイク落としを購入する際は、「マツエクOK」と書いてあるものを使用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎朝、ビューラーでまつ毛をカールさせても夕方にはカールが取れてしまいガッカリしてしまうこともありますよね。

 

まずは、お使いのビューラーの手入れをして清潔な状態を保ちましょう。ビューラーのゴムが劣化していたり、汚れていたりすると自まつ毛を傷めてしまいます。アイメイクをする際は、とてもデリケートな部分に触れるので、メイク道具をこまめに掃除しておきましょう。

 

また、どうしてもきっちりとカールを持続させたいという方は、まつ毛パーマをするかまつ毛エクステをするという手段もあります。それぞれ、注意すべき事を守って綺麗に持続させましょう。今までにない華やかな目元を演出できて、新たなメイクを楽しめるかもしれませんね。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。