美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.01.25

アイリスト

アイリストが選ぶべきツイーザーの種類

アイリストは様々な種類のツイーザーを巧みに使い分けて、お客様の施術をしていきます。では、アイリストは基本的にどの様なツイーザーを使用しているのでしょうか。今回はアイリストが使用しているツイーザーの種類とそれぞれの使い方を見ていきます。

エクステをつかむときは

アイリストの作業は「エクステをつかむ」「お客様の自まつげをかき分ける」「グルーにつける」「エクステをお客様の自まつげにつける」「周りに貼ったテープを外す」という手順で進みます。
 
それぞれの工程でお客様に求められていることは異なり、そして最適なツイーザーも違います。エクステを掴む時は、シートタイプと呼ばれるツイーザーを選びましょう。かみ合わせが大きい、エクステが床に落ちづらい、なおかつ曲がりづらいためです。基本的には、持ち手の部分とエクステを掴む部分の境界に曲線が入っているデザインがほとんどですが、「それが合わない方」のためにストレートタイプもあります。
 
初心者は、まつげエクステを落としにくいつかみ手の太いものがおすすめ。初級者くらいになると、ボリュームのあるまつげエクステをする場面も出てくるかと思いますので、そういった施術をする場合は細かい場所にも対応できるものを選びましょう。
まつ毛エクステをつかむ

お客様の自まつげをかき分けるときは

お客様の自まつげをかき分ける時は、先端が薄くて細くなっているツイーザーが最適です。細くて薄い分、ツイーザーを床に落としてしまうと、先端が曲がったり切れたりしてしまい、エクステを付けづらくなるリスクもあります。
 
それが怖い人は、奮発して上等なものを選ぶと良いでしょう。ただ、手の力が弱い(と自覚している)人は、頻繁に落としてツイーザーの破損も多くなるかもしれません。その場合はプチプラのツイーザーを購入して、割り切った使い方をするのがおすすめです。

テープを外すときは

テープを外す際は、先端が丸まっているツイーザーが良いでしょう。
 
先ほど紹介したツイーザーではお客様の顔を傷つけてしまうリスクがあり、また手にゴム手袋をはめても爪で傷つける恐れがあります。お客様は顔の見栄えを良くしたいがためにまつげエクステの施術を受けています。顔を傷つけてしまわないよう、細心の注意をはらわなくてはなりません。メインではありませんが、ツイーザー選びで最もこだわるべき部分です。沢山のお客様を喜ばせ、アイリストとして出世したいのであれば購入しましょう。

自分に合ったものが一番

化粧道具
アイリストが施術で使用する道具のうちのひとつ、ツイーザー。
迅速にかつ丁寧に施術をするためには、欠かせないそんなツイーザーですが、今回ご紹介した通り様々な種類があり、使用するアイリストによっても向き不向きがあります。
 
使い方を知ってクオリティの高い施術をしていきましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。