美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.04.04

作成:2017.03.15

アイリスト

下向き・逆さまつ毛の改善方法のご紹介

メイクをされる女性
 

鏡を見るたびに気になって仕方がない「下向きまつ毛」や「逆さまつ毛」。

 

まつ毛が下向き、逆さまになっていると目がまつ毛で傷ついて痛くなり、視力が大幅に落ちることもあります。改善するにはどうすればいいのでしょうか。

 

状態にもよって改善する方法は異なると思います。こちらでご紹介する方法を参考に改善してみてくださいね。

まつ毛パーマをする

ロットでまつ毛を固定して、その上から美容液をまつ毛に流して、一定時間放置して洗い流す。それによってビューラーを使用せずともクルンとしたカールを自まつ毛にかけることができる手法です。

 

1回やれば1ヶ月程度持続しますが、サロンで施術を受けると4,000円前後の施術料がかかります。とはいっても「1ヶ月4,000円で見た目の悩みや目の痛みなどを回避できる」と思えば、安いかもしれません。

ラッシュアップリフト

まつエクをしても下向きまつ毛の人や逆さままつ毛の人だと、効果を感じにくい傾向にあるようです。

 

ラッシュアップリフトをするとそのようなまつ毛でも上向きカールを実現できます。しかし、日本で行っているサロンは非常に少なく、近くに施術可能なサロンがあるのかまず確認することから始めましょう。

「すだれまつ毛」にしてしまう

すだれまつ毛は下向きまつ毛や逆さままつ毛を活かすオシャレです。

 

ただ、まつ毛をそのままにしなければなりませんので、まつ毛の量が比較的少なくて、軽い人にしかできません。まつ毛の濃い人がすだれまつ毛にすると、目を傷つけてしまう恐れが高いからです。

 

すだれまつ毛にするとセクシーな目元になり、また朝のメイク時間も短くなります。アンニュイ(自然な色気がある感じ)なファッションが好き、嫌いではない人は試してみてはいかがでしょうか。

 
アンニュイな女性

ビューラーで上を向かせる

一番手軽な方法です。ビューラーをするときは熱でビューラーを温め、まつ毛を上向きにさせて、ビューラーを冷やしてまたまつ毛に当てると比較的長持ちしますよ。

 

ただ、1日に何回もビューラーをまつ毛に当てる必要がありますし、男性の方は女性用の美容道具を持っていることに違和感を感じるかもしれません。

手術

「埋没法」「切開法」2つの方法があります。眼科で下向きまつ毛、逆さまつ毛と診断されれば、保険が効いて1万円(※埋没法、病院によりけり)で手術を受けられますよ。

 

根本的にどの方法でも解決できず、目の痛みを感じる方ほどまずは眼科で診断を受けられることをおすすめします。

下向きまつ毛・逆さままつ毛を今のままにしない

ビューラーをする女性

下向きまつ毛や逆さままつ毛を今のままにすると、日常生活に大きな支障をきたすかもしれません。
 

それを避けるために下向きまつ毛、逆さままつ毛はこのままにせず、手術をしたり、パーマをかけたり、すだれまつ毛として活用したり、何かしらの手立てを取りましょう。

 

そうすればコンプレックスが解消され、またそれに似合うファッションやメイクを見い出せるので、より美しい自分になれますよ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。