美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.25

作成:2017.03.22

アイリスト

敏感肌の人はつけまつげの「のり」に注意

肌荒れを気にする女性
 

敏感肌の人は、つけまつげの「のり(グルー)」でかぶれる場合があります。まぶたがかぶれると、不快なだけでなく、跡が残る恐れもあります。かぶれないようにするには、どのようなのりを選べば良いのでしょうか。

つけまつげののりが与える3つの刺激

つけまつげは、思っている以上にまぶたへ負担をかけてしまいます。まぶたは皮膚が薄いので、のりの影響を受けやすく、さらに敏感肌であれば、ちょっとした刺激にも反応します。かぶれると赤みや痒みが出たり、時には腫れたりすることもあります。あまり頻繁にかぶれを繰り返すと、黒ずんだり跡が残ったり、まぶたが垂れてしまうかもしれません。

 

のりには3種類の刺激があります。まずは含まれる成分の刺激です。特に安いつけまつげに多く使われる「シアノアクリレート」は刺激が強く、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを発生させるので、敏感肌なら注意が必要です。

 

次は、アレルギーによる刺激です。どんなに肌に優しいと言われても、ゴム(ラテックス)やアクリル樹脂に対するアレルギーがあれば、やはりかぶれてしまいます。使う前にパッチテストで確認した方が良いでしょう。

 

そして、はがす時の刺激です。つけまつげをはがす時は、同時に皮膚の角質も一緒にはがれます。本来ならターンオーバーによって新しい角質が表面に出て、皮膚は守られます。けれども、つけまつげを毎日のように使うと、同じところが繰り返しダメージを受けるので修復が追いつきません。

敏感肌に優しいつけまつげののりは?

肌状態を鏡で確認する女性
 

敏感肌でつけまつげを使う時は、できるだけまぶたに負担をかけないのりを選びたいものです。安価なものは普通の接着剤と同じ成分を使っている場合あるので、少し高めの天然ゴムやアクリル樹脂など素材の力で粘着するタイプにしましょう。保湿成分を配合したのりのつけまつげもあります。また、のり(グルー)自体がいらない つけまつげもあります。

 

つけまつげはできるだけ長持ちさせたいものですが、敏感肌なら強度が高いのりは避けた方が無難です。部分的にのりがついているつけまつげは、接地面積が少ない分だけ、まぶたへの負担は少なくなります。はがす時はぬるま湯でのりをふやかしたり、リムーバーを使ったりするなどして、刺激をなるべく与えないようにしましょう。

 

他にもアイプチ用ののりが、つけまつげにも流用可能で低刺激で使いやすいでしょう。のりではなくテープで代用する方法もあり、医療現場で使われるテープと同じ素材・成分のものも販売されています。

まぶたに負担をかけないのりを使おう

保湿商品
 

敏感肌でつけまつげののりにかぶれるなら、何が原因なのか確認しておきましょう。成分やアレルギー、粘着力のせいかもしれません。医療用の成分を含むなど、できるだけ肌に優しいのりを使いたいものです。

 

つけまつげを外した後のまぶたは、角質がはがれて水分が逃げやすくなっています。しっかり保湿ケアしてあげましょう。時にはつけまつげを使わない日を設けて、皮膚を休めるのも大切です。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。