美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.04.10

作成:2017.03.24

アイリスト

2枚重ねでつけまつげを使う場合のポイント

まつ毛を付けた女性
 

つけまつげは1枚だけでなく、2枚重ねで使う方法もあります。まつげの量が多くなると、それだけ目力も強くなります。一方でバサバサと派手な印象にもなりやすいので、つけ方が難しいところです。どのようにつければ良いのか、一緒に見ていきましょう。

2枚重ねはコントラストが大事

本来つけまつげは、1枚使うだけでも十分に効果があります。長さや太さ、カールも選べるので、だいたいは目的に合ったものを1枚つければ思い通りの目元に仕上がるはず。2枚重ねするのは、より目元を強調したい時です。例えばパーティーやコスプレなど、濃いめのメイクの場合ですね。

 

同じ大きさのまつげを2枚重ねする時は、毛の長さや種類を変えて、コントラストをつけましょう。基本的に下になる方はストレートのオーソドックスなつけまつげにして、上に重ねる方は、短いものやクロスタイプのもの、毛束感のあるものなど、インパクトのあるつけまつげを選びましょう。

 

これで生え際はアイラインのようにしっかりして、先端に行くほど細いカールになる立体的なまつげを作れます。あるいは上をラメやストーンがついたものにすると、目を開いた時と閉じた時の印象を変えられます。別々につけて微調整するよりも、あらかじめ2枚重ねにしておけば、1回で目的の位置につけられるでしょう。

 

3枚重ねする強者もいますが、さすがに厚みが出てくるので、十分にカールできていないと、目の中にアイラインを引いたように見えてしまいます。まぶたが重みに耐えられず、眠たげな目になったりたるみの原因になったりするので、2枚重ねでとどめておく方が目にとっては無難です。

 
パーティー

部分まつげを重ねてボリュームアップ

普段使いや大人の女性にとって、同じ大きさのつけまつげを2枚重ねすると、目力よりもバサバサ感が強調されて、あまり品が良いとは言えません。そこで部分まつげを重ねて、必要なところだけ不自然にならないようボリュームアップします。

 

例えばセクシーさを強調したい時は、目尻に緩いカールのつけまつげ、黒目を大きく見せたい時は、目の上あたりに長めのつけまつげ、と言った具合です。これなら重たさを感じさせないで、効果的に目を演出できるでしょう。

 

つける時は部分まつげに調節が必要なので、あらかじめ重ねた状態にはしません。薄めのアイライナーでまぶたのつけたい場所に線を引いておくと、部分まつげを確実につけられます。

重ねるつけまつげの大きさを変えよう

アイメイクのしっかりした女性
 

つけまつげを2枚重ねすると、目力が強くなるだけでなく、まつげを立体的に見せたり、一度で2種類の見せ方ができるので、活用の幅が広がります。華やかな席でも注目を集めやすくなるでしょう。

 

日常的に2枚重ねするなら、足りないまつげを補うつもりで部分まつげを使っていきましょう。上手に重ねればバサバサにならず、自然にカバーできるはず。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。