美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.27

作成:2017.03.24

アイリスト

まつ毛エクステのモニターで練習台になるメリット

女友達
可愛くなりたいとき、絶大な効果を発揮するまつ毛エクステ。マスカラや付けまつ毛いらずで、楽々ぱっちりお目目を実現してくれます。でも、毎月コンスタントに通うのは、正直なところお財布への負担が大きいものです。お財布に優しく、かつ、美容師のお手伝いもできる、カットモデルならぬ「まつ毛エクステのモニター」が存在するのをご存知でしょうか。

まつ毛エクステのモニター募集を探す

まつ毛エクステのモニターとは、美容師の技術向上のため練習台となる人のことです。またはお店のモデルとして、口コミ目的でなど、様々な理由で通常より割引された価格でまつ毛エクステを施術してもらえるプランのことです。
 
インターネットで「まつ毛エクステ」「モニター」「駅名」などで検索をかけてみると、意外にたくさんの美容室やまつ毛エクステのサロンが該当します。
 
クーポン雑誌などで利用できる通常のクーポンと比較しても、かなりお得な価格設定となっており、中には1,000円台の価格も見つけられることもあります。
SNSを見る女性

事前のプラン確認と、お店チェックは念入りに

お手頃価格のモニターですが、割安で施術を受けられるぶん、プランが限定されていたり、技術的にはまだまだ未熟な美容師の施術を受けたりと、通常とは異なる点があります。
 
まつ毛エクステ自体、大切な自まつ毛に少なくない負担を与えるものです。万が一失敗したり思っていた仕上がりにならなかったという時は、エクステオフ、そして再度施術と、さらにまつ毛に負担がかかってしまいます。
 
まずは、募集内容をしっかり確認し、どういう施術なのか、例えばまつ毛エクステの毛質、カールの種類、何本つけられるのかなどを確認しましょう。募集の条件も要確認です。もしかしたら、ただの練習台ではなく「モデルとしての募集」となっているかもしれません。経験の少ない美容師の練習台になる場合、必要に応じて、ベテランの美容師の助言が受けられるかなども確認が必要です。
 
また、お店の口コミ、ブログやSNSをあらかじめチェックしておくことは必須です。お店の雰囲気が、明らかに自分の目指しているスタイルと違う時は無理にそこへ行くのは止めましょう。例えば、ナチュラルが好きだけれど、モニター募集はギャル御用達のお店の場合や、ブログ記事などの投稿内容が自分の趣味でない場合です。他にも口コミの評価があまり高くないお店であれば、他の候補を探してみた方がいいかもしれません。
アイメイクが目立つ女性

可愛いを手に入れよう

目元を演出し、顔の雰囲気を決める大切なまつ毛。まつ毛エクステは、毎日の「可愛い」をもっと自然に、お手軽に叶えてくれます。しっかりと自分に合った美容師を探して、WIN-WINのまつ毛エクステを楽しみたいですね。
 
少しの工夫で、理想のまつ毛はとても身近なものになります。ここまでにピックアップした注意点と、お店を選ぶ時のポイントをしっかり確認して、素敵なまつ毛を手に入れてください。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。