美容スペシャリストな自分になるために

マツエクを下まつ毛につける際の注意点やメリット、適したデザインって?


 

「マツエク(まつ毛エクステ)」と言えば上まつ毛につけるものという印象が強いですが、実は下まつ毛にマツエクをする人も増えているのです。目元の見栄えを良くするだけでなく、様々な効果がある下まつ毛のエクステ。つける時の注意点と合わせて紹介します。

下まつ毛のマツエクの効果とメリット

何となく挑戦するのに気が引けてしまう下まつ毛のマツエクですが、実は色んなメリットがあるのです。では一体どのようなメリットがあるのか?詳しく見ていきましょう。

目を大きく協調できる

下まつ毛にマツエクをつけると、まつ毛全部が外側に向かってパッチリと開いた状態になり、目が大きく見えます。マツエクにはアイライナーの効果もあるため、黒のラインを引かなくても目を大きく協調することができますよ。

自然に小顔効果を狙える

目が大きく見えれば、鼻や口との距離が縮まるので、幼く見えたり、面長をカバーできたりします。つまり小顔の印象が強くなるのです。「下まつ毛にまでエクステをするのってやりすぎ感が出そうでちょっと・・・」と思われている方。実は下まつ毛のエクステは、マスカラを塗るよりも自然にぱっちりと見えることが多いのです。

マスカラよりも崩れにくい

マスカラの場合、あくびをした後に気づいたら黒い涙が伝っていることもありますが、マツエクならそんな心配も必要なし。汗をかいても涙を流しても崩れないのがマツエク最大のメリットの一つですよね。

普段下まつ毛にはつけまつ毛をしている方でも、ぜひこの機会により自然に見える下まつ毛エクステに挑戦してみて下さいね。

美肌効果もあり

下まつ毛のマツエクのおかげで顔に立体感が出ると、黒と白のコントラストが生まれ、肌が白く見えますよ。目を大きく見えてくれるだけでなく美白効果も得られる、一石二鳥なアイテムなのです。メイクも時短でき、マスカラ特有の皮膚の汚れやパンダ目などの滲みに悩まされる心配もなくなります。

下まつ毛のマツエクに適したデザインとは?

上まつ毛よりも下まつ毛の方が圧倒的に長さも短く太さも細いため、グルーとの接着面が少ないのが下まつ毛の特徴。

そのため下まつ毛にマツエクをするのは難易度が高く、慣れていないアイリストだと施術に時間が掛かってしまうことも。テーピングで目の周辺を固定してまばたきや上まぶたとの接触を防ぐので、その加減を間違うと揮発したグルーが目に沁みてしまいます。まつ毛の下にコットンを敷くだけの上まつ毛とは大違いです。

本数の目安

下まつ毛の平均本数は上まつ毛よりも大分少なく、片目で30~40本程と言われています。ちょっとつけすぎるだけでも多い印象を与えてしまいますし、逆に取れてしまうと、残ったマツエクが目立ち過ぎてバランスの悪い目になってしまいます。

 

本数はまずは生えているまつ毛の2/3くらい、つまり片目10本前後が良いでしょう。上まつ毛のマツエクをしている人にとっては「そんなに少ないの?」と思うかもしれませんが、それだけでも目元の印象を大きく変えることができるのですよ。上まつ毛のように目の全体に付けるのではなく、目尻だけにまとめて付けるデザインでも良いアクセントになります。

長さの目安

上まつ毛のマツエクだと、希望のデザインに応じて10ミリと12ミリをミックスさせたり、自まつげよりも長いものを付けたりすることができます。ですが、下まつ毛の場合は上まつ毛よりも細くて弱いため、基本的には自まつ毛の長さに合わせた長さのエクステを選ぶことが必要です。

 

目をぱっちり見せたいからと言って自まつ毛よりも極端に長いエクステを付けると、数日で全て取れてしまうなんて可能性も…。

太さの目安

太さに関しても0.15mm以下の細めを選んであげるのがおすすめ。あまりにも太いものを選ぶと、重さに耐えられず落ちてしまう可能性が上がりますし、エクステを付けている感じが全面的に出されるために、派手な目の印象を与えてしまいます。

見た目のバランスも考慮して、上まつ毛が0.2ミリなら0.15ミリを、上まつ毛が0.15ミリなら0.1ミリを選択してあげると良いですね。

カールの目安

上まつ毛はCCカールで、お人形みたいなぱっちりとしたデザインを選んでいる人でも、下まつ毛はJカールにとどめておきましょう。元々取れやすい下まつ毛のエクステなので、少しでもまつ毛とグルーの接着面を増やしてあげることが大切なのです。

 

また、あまりにもカールを強くし過ぎると涙袋に刺さってしまって、常に目の下がチクチクすることも…。持ちの良さから考えても快適さから考えても、カールの緩やかなJカールを選んであげることがおすすめです。

毛質の目安

毛質に関しては上まつ毛と同じように、柔らかければ柔らかい方が長持ちしやすくなります。まつ毛の弱い人や少ない人は特に、「かたい毛質のマツエクをつけていたら下まつ毛が一緒に全部抜けてしまった…!」なんてことにならないように、柔らかいセーブルを選ぶと良いでしょう。

 

上まつ毛はシルクやミンクを付けていたとしても、下まつ毛だけは柔らかいセーブルの素材を選んであげて下さいね。

 

下まつ毛のマツエク、寿命が短い理由はなぜ?

メリットいっぱいのマツエクですが、下まつ毛のマツエクは上まつ毛よりも取れやすく、寿命は上まつ毛と比べて半分くらいです。上のマツエクと同じ感覚で1か月ほどそのままにしているとスカスカになってしまうことが多く、大体1~2週間程度でメンテナンスしなければいけない場合もあります。

では、なぜ下まつ毛の方が寿命が短いのでしょうか?

涙で濡れる機会が多いから

ズバリ、「上まつ毛よりも濡れる機会が多いから」です。あくびをして涙が出たり目薬を差して濡れたり、上まつ毛よりも格段に水分に触れる事が多いのです。

また、花粉症やアレルギーで目がかゆくなった時にも、上まつ毛を避けてかくことはできても下まつ毛を避けてかくことは難しいですよね。無意識に目をかいてしまって、「下まつ毛のエクステがごっそり取れてしまった・・・!」なんてことにもなりかねません。

グルーとの接着面が少ないから

これも細くて短い下まつ毛ならではですが、上まつ毛と比べるとグルーとの接着面が少ないため、しっかりと自まつ毛に接着することができずに少しの衝撃で取れてしまうことが多々。

上まつ毛よりもさらに、グルーが乾いていないうちに目を掻いたり触ったりしないように注意をすることが必要です。

無理矢理つけるとどんどん弱くなってしまう

その他、下まつ毛は上のまつ毛よりも全体的に細くて短いのが特徴的。下まつ毛の生え具合によっては、マツエクをつけられない場合もあるので気をつけましょう。例えば逆さまつ毛なら、エクステが目に刺さるリスクがありますし、量が少なくて隙間があると思ったようにマツエクをつけられません。

 

無理矢理つけることによってさらにまつ毛が弱ってしまい全て抜けてしまう、なんていう悲劇が起こらないように、エクステに耐えられるまつ毛なのかどうか担当のアイリストさんにしっかり確認をしてから施術をうけるようにしましょう。

難易度は高くても試す価値はあり

メンテナンスに時間とコストが掛かるというデメリットはありますが、下まつ毛にマツエクをつけると、目だけでなく顔全体の印象も大きく変わります。よりくっきりとした外人さんのような顔立ちにしてくれるので、大事なデートの日や結婚式の日など、ここぞという日に試してみる価値は十分にあります。

 

上に付けているまつ毛よりも細いものにする、長さも短くして柔らかい毛質のものにするなど、工夫をしてあげることで少しでも長持ちするような付け方をして下さいね。

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。