美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.22

アイリスト

理想の目元とまつ毛|自分に似合うマスカラメイク

メイク道具
マスカラ があれば、理想の目元を簡単に作れます。けれども種類がたくさんあって、どれが自分に似合うのか迷います。選ぶポイントはまつ毛の仕上がりとブラシの形です。詳しく見ていきましょう。

理想はどのまつ毛?4タイプのマスカラの特徴

マスカラは、まつ毛の仕上がり別にボリューム・ロング・カール・セパレートの4タイプがあります。当然、選び方を間違うと自分に似合うメイクは難しくなります。
 
ボリュームタイプは、まつ毛を太く濃くしてくれます。自分のまつ毛が少なかったりと、目元に存在感を持たせたい人向きです。重めの液を盛るため、つけ過ぎるとダマになりやすいのが欠点です。量のコツをつかむまでは使いこなしに苦労するかもしれません。
 
ロングタイプは、まつ毛にファイバーを絡ませて長くしてくれます。まつ毛の本数はあるけど短くて悩んでいるなら、地毛を活かしつつ華やかな目元にできるでしょう。先端に継ぎ足すようにつけると、まつ毛をカールさせていても重みで垂れません。
 
カールタイプは、ポリマーの力でカールを強力にキープしてくれます。自分のまつ毛が下向きで、カールがすぐに取れてしまう人に最適です。先の2タイプよりダマになりにくいというメリットもあります。
 
セパレートタイプは、まつ毛を1本ずつきれいに広げてくれます。ナチュラルな仕上がりになるので、まつ毛が多かったり、あまりマスカラを目立たせたくない人にぴったりでしょう。カールタイプと同じくダマにならずにつけられます。

そのブラシでマスカラを上手につけられますか?

メイクバッチリの女性
マスカラには必ずブラシが付属しています。ほとんどが、そのマスカラを効率良くつけられるように作られていますが、思ったような仕上がりにならない時は、別のブラシに変えると解決するかもしれません。
 
例えば一般的なアーチ型は、まつ毛の形に合わせているので、マスカラを一度に根元からつけられますが、ダマになりやすく、部分ごとに量を調節するのは苦手です。ダマを防ぐならコーム(くし)型のブラシが向いています。細かい作業は先端が尖っているロケット型が得意です。これらのメリットを兼ね備えたひょうたん型もあります。

マスカラでカバーできない仕上げは下地を活用

理想のまつ毛が複数のタイプに及ぶ場合は、マスカラ下地を活用しましょう。目元にボリュームを持たせたくてマスカラを使う人は多いですが、性質上それ以外の仕上がりが難しいデメリットがあります。そこで、マスカラ下地で先に仕上げて、その上からボリュームタイプのマスカラをつけるのです。
 
マスカラ下地はフィルムコーティング式なので、40℃くらいのお湯でスルリと落とせます。先につけておけば、水に強いウォータープルーフのマスカラを重ねても、ゴシゴシこすらなくて済むでしょう。

自分のまつ毛と理想の目元でマスカラを選ぼう

数多くの化粧道具
マスカラのタイプとブラシを使い分ければ、理想の目元を作りやすくなります。マスカラ下地を活用すると、ボリュームを持たせつつ、ロングやカール、セパレートにも仕上げられます。
 
自分のまつ毛はどのようなマスカラが似合うのか、どのようなまつ毛にしたいのか考えて選ぶのが大切です。最近はプチプラのマスカラが増えているので、どんどん試してみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。