美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.05.11

作成:2017.03.27

アイリスト

まつ毛カーラーとホットビューラーの違い


 

ホットビューラーは、熱でまつ毛をカールさせます。似たようなアイテムに「まつ毛カーラー」もあります。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。特徴や使い道を紹介します。

ホットビューラー≒まつ毛カーラー、それぞれの特徴や使い方も

まつ毛カーラーとは


 

まつ毛カーラーとは、力を加えることでまつ毛をカールさせるような普通のビューラーとは違い、まつ毛に熱を与えることでカールをさせるような仕組みです。見た目もビューラーとは違い、先端にコームがついているのが特徴的です。

 

使用する1分前くらいからスイッチを押してビューラー自体を温めます。温まったらまつ毛の根元に本体を当てて、3秒程度そのままの状態で固定します。1度だけでは全てのまつ毛をカールさせることができないので、まずは根元をカールさせ、その次に中央、最後に毛先、と何度かに分けて繰り返すようにしましょう。

 

髪をカールさせる際に使用するコテと同じような仕組みなので、しっかりとカールを付けることができるのがホットビューラーのメリット。また、まつ毛の長さが短くても使用をすることができます。

ただし、長く使い過ぎるとまつ毛の水分がなくなってしまい、まつ毛が抜けてしまうことや途中で切れてしまうこともあるので注意が必要です。

ホットビューラーとは


 

ホットビューラーとは、通常のビューラーと同じような見た目でありながらまつ毛を挟む部分が温かくなるという特徴があります。

使い方に関しても、通常のビューラーと同じような使い方をしてOK!まつ毛をしっかり挟んで持ち上げたら、カールをつけたいところで大体5秒程度手を止めて、ゆっくり離すようにしましょう。

 

カーラータイプと同様に、使用する数分前からスイッチを入れて先端部分を温めます。ビューラーと似た形ではあるもののシェーバーと同じくらいのサイズのため、化粧ポーチに入れて持ち歩くのがややかさばるというデメリットがあります。

また、こちらもカーラータイプと同様に熱を加えてカールさせるため、毎日使用を続けるとまつ毛の水分を奪って抜けたり切れたりといったことが発生しやすくなります。

 
 

まつ毛をカールさせるにはビューラーを使いますが、思ったようにカールしなかったり、直角に立ち上がったりするなど、苦手な人は多いですよね。誤ってまぶたを挟んでしまう恐れもあります。まつ毛が短い人や生え際が奥まっていると、的確に挟むのも大変です。

 

その点まつ毛カーラーであれば、ヒーターに当てるだけなので簡単です。まつ毛が加熱すると柔らかくなり、冷えると硬くなる性質を利用しています。最近ではコームがついているものが多く、1本ずつきれいに分かれた状態で仕上がります。温度は45℃くらいで、挟むタイプよりも低めです。

ホットビューラーとまつ毛カーラーの使い分け

どのようにまつ毛をカールさせるかによって、ホットビューラーとまつ毛カーラーのどちらを使うか変わります。まつ毛カーラーは自然なカールを作るのに向いています。エクステで言えばJカールくらいです。持ち運びしやすいので、取れかけたカールを復活させるのにも役立ちます。

 

一方、エクステのCカールのように、根元からしっかりと立ち上げたいのであれば、ホットビューラーの方が効果的です。根元だけでなく、中間や先端近くを挟みながら、カールを作っていきましょう。

 

どちらもカールした後に、カールタイプのマスカラをつけて、さらに加熱するとマスカラがその形状をキープしてくれます。

ホットビューラーやまつ毛カーラーを使う3つのメリット

1、カールが付きやすく、取れにくい

まつ毛に熱を加えてカールさせるため、通常のビューラーと違ってカールが付きやすくて取れにくいというのが最大のメリットです。仕事をしていたり出かけたりしている時にも朝カールしたまつ毛が途中で取れてしまうということが少ないので、メイク直しのためにビューラーを持ち運ぶことも不要です。

2、まつ毛パーマよりもダメージが少ない

まつ毛パーマと比べてまつ毛への負担がとても少ないという点も大きなメリットの1つ。ホットビューラーで加える熱は手で触っても火傷をしないくらいの低温のため、薬剤と高温の熱でしっかりとカールを付けるまつ毛パーマと違い、自まつ毛へのダメージを最小限にとどめることができます。

3、毎日違ったカールを楽しめる

最後に、毎日カールの強さを自分で調節できるという点がメリットとして挙げられます。まつ毛エクステやまつ毛パーマの場合、一定の期間は毎日同じカールのままになりますが、ホットビューラーやカーラーの場合は毎日自分の好きなカールにすることができます。仕事の日にはナチュラルなカールにして、友達と遊びに行く日にはしっかりとカールにする、というような調整が出来る点も嬉しいポイントですよね。

普通のビューラーが苦手なら使ってみよう

アイメイクに悩む女性
 

ホットビューラーとまつ毛カーラーには、挟んで力を加えるか、熱だけでカールさせるかの違いがあります。どちらも普通のビューラーに比べると、まつ毛に負担がかからず、カールさせるのも簡単です。

 

使い勝手なら、コンパクトでヒーターに当てるだけのまつ毛カーラーに軍配が上がりますが、まつ毛を根元から立ち上げて強いカールをかけるなら、ホットビューラーの方が向いているでしょう。

ホットビューラーやまつ毛カーラーを使って、毎日自分好みのまつ毛に仕上げてみてくださいね。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。