美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.27

アイリスト

まつ毛パーマでメンズも印象を良くできる?

ネクタイを締めなおすビジネスマン
まつ毛パーマは女性だけでなく、メンズからのニーズも高まっています。「男性がまつ毛パーマをかけるなんて」と思われそうですが、様々な恩恵をもたらしてくれるのです。一体どのような効果があるのでしょうか。

人と接する男性に効果絶大なまつ毛パーマ

まつ毛パーマでまつ毛が上向きになると、目が大きく見えて表情が明るくなったり、優しそうな印象を与えたりします。まぶたが持ち上がるので二重になる場合もあります。
 
日本人のほとんどは、下向きにまつ毛が生えているので効果は絶大です。そのため、営業マンや経営者、接客業など、人と接する機会が多い男性から人気を集めています。
 
まつ毛を演出するには、エクステをつける方法もありますが、パーマの方がメンズには自然です。手間がかからないのも大きなメリットです。エクステは取れやすいので、水で濡れたらすぐに乾かさなければいけなかったり、ゴシゴシこすれなかったり、うつ伏せで寝ると変な方向に曲がってしまったり、と取り扱いに注意が必要です。
 
その点まつ毛パーマは、あまり制約がありません。手入れとしては、まつ毛用の美容液を洗顔の後に塗っておくと、まつ毛が太く丈夫になり、まつ毛パーマが長持ちします。効果は3~4週間程度で、まつ毛は平均2~3ヶ月で自然と抜け落ちて生え変わります。

まつ毛パーマを効果的にかけるポイントと注意点

まつ毛カールが強い男性
最近では、まつ毛パーマをかけてくれるメンズ用のサロンが増えています。まつ毛パーマの料金は平均1回あたり両目で5,000円前後です。施術は1時間程度で終わります。
 
基本的にはロットにまつ毛を巻きつけてパーマ液をつけますが、最近ではビューラーにトリートメントをセットして、一度にパーマをまつ毛全体にかける施術法もあります。
 
まつ毛パーマにはセルフキットもあり、サロンよりもずっと安価です。ただし、自分でかけるとパーマ液が目に入りやすく、まつ毛が固まったり、毛の流れがバラバラになったり、左右非対称だったりするなど、思ったような仕上げるのは難しいでしょう。社会人として人前に出るなら、サロンで施術した方が無難です。
 
メンズのまつ毛パーマは、かけたことを気づかれないくらいが理想です。まつ毛の根元から立ち上げてしまうと、カールが目立って女性的な印象を与えてしまいます。あくまでも、まつ毛が上向きになる程度にとどめましょう。ロットを選べるなら、Lサイズなど大きいのが最適です。
 
自分のまつ毛の量が少なかったり、短かったりして、まつ毛パーマでは思ったような効果が得られなかった場合は、エクステを使ったボリュームアップを考えても良いでしょう。

まつ毛パーマはビジネスのマストアイテム

笑顔のビジネスマン
メンズのまつ毛パーマは目の印象を良くするので、相手からの好感度が高まり、ビジネスチャンスをゲットする可能性も高まるかもしれません。あくまでも、まつ毛パーマと気づかれないくらいに、さりげなくかけるのがポイントです。
 
まつ毛パーマは、エクステと比べて手入れに手間や縛りがないので、普段メイクをしない男性でも楽にかけられます。まつ毛用の美容液をつければ、パーマが長持ちするだけでなく、自分のまつ毛も丈夫になるので、洗顔後の習慣にすると良いでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。