美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.05

作成:2017.03.28

アイリスト

下まつ毛を書くというメイク方法について

アイメイクのアップ
 

下まつ毛のメイクが上手にできれば、目が大きく見えて、顔全体の印象が華やかに変わります。実はまつ毛をいじらなくても、アイライナーだけで書く方法もあります。どのようにすれば良いのでしょうか。

下まつ毛を増やすのは難しい

下まつ毛が長くなると、まつ毛全部が開いた状態になるので目が大きく見えます。目が大きくなると、鼻や口、頬との距離が近くなるので、小顔効果があるのです。下まつ毛が長くなると、アイライナーで目の輪郭を縁取るよりも自然とバランスがとれてきます。

 

けれども、下まつ毛は平均30~40本と本数が少なく、極端に短い毛が多いので思ったようにパーマをかけられなかったり、エクステをつけられなくなったりする欠点があります。つけまつ毛は全体につけると不自然だし、細かくカットしてバランスよく部分的につけるのも面倒なのが本音です。

下まつ毛を書いて自然に見せる方法


 

そこで、下まつ毛をアイライナーで書くという方法があります。中には「下まつ毛も書けるアイライナー」という謳い文句で販売している商品もあるほどです。上まつ毛と違って立体的に見せなくても良いので、単純に太くアイライナーを引くだけでも十分な効果があります。書き方を工夫すれば、本当に下まつ毛が生えているようにも見えます。ポイントは「点で書く」ことです。

 

アイライナーは専用のものが無ければ、リキッドタイプを使います。色は黒よりもブラウンの方が自然です。

 

まずは下まつ毛の根元全体に点を打っていきます。アイライナーの毛先で軽くタッチするように書きましょう。目尻は若干長めに点を打ちます。一通り打ち終わったら、最後に目尻へブラウン系のシャドウを入れます。これでまつ毛のように見せつつ、影で輪郭を作るメイクの完成です。

 

丁寧に細かく点を打っていけば、極端に顔を近づけない限り、本物のまつ毛のように見えるでしょう。もう少し強調したい時は、ホワイト系のアイライナーでまつ毛の根元を塗ってから、点をポンポンと大きめに打ちます。ですが、書いているのが分かりやすくなるので調整しながら書いてみて下さいね。

 

下まつ毛が多少長めなら、マスカラを塗っても良いかもしれません。マスカラはファイバーでまつ毛を長くするロングタイプです。下まぶたを引っ張って、まつ毛の根元を露出させながら、先端に向けてマスカラを乗せていきます。ブラシは縦にすると、1本ずつ確実に塗れるでしょう。

書けば自分のまつ毛に負担がかからない

メイクをしてもらう
 

下まつ毛は、つけまつ毛やエクステを使わなくても、書いて増やすことができます。むしろ本物と変わらないくらいナチュラルに書くのがおすすめです。力を入れずに軽く点を打つのがポイントです。

 

つけまつ毛やエクステは、自分のまぶたやまつ毛に負担をかけます。書くだけなら手間がかからず、オフするのも簡単です。下まつ毛のメイクに悩んでいるなら、取り入れてみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。