美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.28

作成:2017.03.21

アイリスト

下まつ毛への正しいマスカラの塗り方

下まつ毛にマスカラをする
目元のメイクに必要不可欠なマスカラ。上まつ毛にはほとんどの方が使用すると思いますが、下まつ毛には、にじんだりうまく塗れない、という理由で使わない方が多いようです。しかしコツさえつかめば簡単に塗ることができます。今回は下まつ毛にマスカラをきれいに塗るための塗り方をご紹介します。

まずは下まつ毛をカールさせましょう

下まつ毛も、まっすぐの状態よりもカールした状態でマスカラを塗るほうが塗りやすく、見た目もきれいです。上まつ毛よりも長さが短いため、ビューラーは根元で1度おさえるだけでしっかりカールします。
 
その際、鏡に対して斜めから見たほうが角度の確認がしやすいです。横幅が短い部分用ビューラーならピンポイントで抑えることができますし、生え際と皮膚をはさんでしまいそうで怖い場合は、ホットビューラーを使えば生え際にあてるだけできれいなカールができるので簡単です。

マスカラ液の量に気を付けながら塗りましょう

きれいなカールを作った後は、いよいよマスカラを塗ります。
マスカラ液は、マスカラのふちでしごき、液量を調節します。特に先端にマスカラ液がつきすぎていると、固まってついてしまう可能性があるので注意します。
 
下まつ毛の根元から、左右に手を動かし、ジグザグにまつげの先端に向かって動かします。上まつ毛に比べてまつ毛の量も少なく、毛も細いため、1度塗りで十分です。目頭、目尻は外に向かって放射状に塗ると目の横幅が出るので、目が大きく見えます。
アイメイクのアップ

下まつ毛に適したマスカラやアイテムを使いましょう

下まつ毛にマスカラを塗る場合、マスカラ自体が小さく、角度がついているもののほうが、失敗なく塗ることができます。また、ダマになってしまった場合でも、まつ毛コームがあれば、きれいな放射状にセットしなおすことができるので、ポーチに入れておきたいアイテムです。

絶対にじませたくない時にやっておきたい小ワザ

塗りたてはかわいく仕上がっても、時間がたってにじんでしまい、パンダ目になってしまっては台無しです。そうならないために、まずマスカラ自体を、にじみにくいフィルムタイプのものを選ぶようにしましょう。
 
フィルムタイプなら、多少崩れてもマスカラ部分がポロポロとれるだけなので、皮膚ににじんで黒くなる心配はありません。
 
また、マスカラのにじみは、マスカラの成分と皮脂が混ざり合っておこります。なので、目の下の油分はしっかりオフしておきましょう。ファンデーションを塗った後は目元もフェイスパウダーでおさえ、さらっとした状態にしておきましょう。
 
目の下にアイシャドウのホワイトパールをのせれば、油分オフ、目元の明るさアップ、涙袋の強調と、嬉しい効果もたくさんありますので、こちらもぜひ試してみてくださいね。

コツを抑えてないりたい印象に

下まつ毛のマスカラも、塗り方を知り、コツをおさえれば簡単です。ぜひ挑戦してみてくださいね。
笑顔の女性

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。