美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.09

作成:2017.02.07

アイリスト

まつ毛エクステを付けたい! よいサロンの選び方

サロン選びの基本~プランやスタッフで絞り込む

まつ毛エクステを受ける際のサロンの選び方で一番大切なのは「プラン選び」。

一口に「まつ毛エクステを扱っているサロン」といっても、その内容はさまざま。

3Dまつ毛エクステをやっているところ、アイリストだけでなくアイコーディネーターがいてアイメイク全般をやってくれるところなどいろいろあります。

また同様に「自分は男なので、男性のアイリストにやってほしい」「子どもを連れていきたいので、キッズルームがないと・・・」などの希望があれば、それに沿ったサロンを選びましょう。しかし、あまりこだわり過ぎてもしまうと、希望するサロンが見つからなかったり、遠方になってしまったりします。もし、自分の希望するサロンが近くで見つからない場合は、妥協できる部分とそうでない部分をしっかりと見極めて選ぶようにしましょう。

「特にこだわりがない」という人は店を見て

「そこまでのこだわりがない」という人は、サロンの内装やスタッフをよく見ましょう。

店内はきちんと掃除されているか、スタッフが横柄ではないか、などをまずはチェック!

一般的に、店内の清掃とスタッフの態度がきちんとしているところは教育も行き届いており、値段が安かったとしても満足感のある施術が受けられやすくなります。

また、「衛生面」もしっかり確認してください。

アルコールを用いた消毒、器具の手入れ、マスクの着用などがきちんとされているかを確認することも大事。

まつ毛エクステの場合「目」という非常に敏感な部分に対してアプローチしていきます。そのため、消毒がいいかげんであったり、スタッフが不潔であったりすると、大きなトラブルの原因になることも…。場合によっては角膜炎や結膜炎など、最悪の事態を引き起こす可能性もあるのでサロン選びは慎重に行いましょう。

スタッフが資格を有しているかどうかも、しっかり確認してください。

現在では、「まつ毛エクステを扱うアイリストになるには美容師資格が必要だ」とされており、多くのサロンでは美容師資格を持っている人間しか採用しません。

しかし平成27年に国民生活センターが出したデータでは、「スタッフは美容師資格を持っていなかった」という層が6.1パーセント、「確認したけれどよくわからなかった」という人が3.9パーセント、「確認することもしていなかった」という層が47.2パーセントとなっています。

サロンの選び方のなかでも、「スタッフの資格の有無」は健康被害とも直結するので、必ず確認しましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。