美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.10.16

作成:2017.03.17

アイリスト

向きがバラバラまつ毛はおブスまつ毛?


 

入念にビューラーをしてマスカラを塗ったり、まつ毛エクステをつけたりと、少しでも美しく見せるようにと女性たちは日々奮闘していますよね。

だけど、せっかく時間を掛けてメイクをしても、まつ毛の向きがバラバラになっていたら台無し・・・。

 

今回は、バラバラのまつ毛の原因や、対処法についてご紹介します。自分のまつ毛がバラバラになる原因を突き止め、綺麗に整ったまつ毛にケアしましょう。

バラバラまつ毛の5つの原因

まつ毛がバラバラに乱れている様子は「ムカデまつ毛」と呼ばれ、ちょっと恥ずかしいおブスまつ毛の代表格です。どうしてまつ毛の向きはバラバラになってしまうのでしょうか。それでは原因を見ていきましょう。

マスカラの付け過ぎ

必要以上にマスカラを付け過ぎたために、まつ毛同士がくっついて向きがバラバラになってしまうことがあります。特に、つけまつ毛でボリュームアップした上にマスカラをてんこもり…という過剰なメイクは、ムカデまつ毛の大きな原因です。

寝グセなど、物理的についたクセ

うつ伏せに寝てしまった、メガネとまつ毛がぶつかる…など、髪の毛と同じようにまつ毛にもクセが付くことがあります。特に、まつ毛エクステをしていると日常のちょっとした動作(タオルでこするなど)でまつ毛の向きがバラバラになることがあります。

まつ毛エクステの乱れ

まつ毛エクステをした直後は美しく放射状に整っていても、地まつ毛が伸びるにつれて長さやカールの角度が変わってきてしまいます。まつ毛エクステをしている方は、ムカデまつ毛になりやすいのです。

もともとの生え癖

睫毛乱生(しょうもうらんせい)といって、まぶたの形や毛穴の向きなどにより、まつ毛がバラバラに生えてしまう方もいます。生え方によっては目の中に入り込み眼球を傷つけてしまう恐れがあるので、気をつけなければなりません。

まつ毛が弱っている

毎日のメイクによる負荷や目の擦りすぎなどで、まつ毛が弱ってしまっている場合も。

まつ毛が弱っていると、「朝は綺麗に向きを整えてきたのに、昼過ぎに見たら向きがバラバラになっている…」という悲しい事態も発生します。

 

ムカデまつ毛は直せる!対処法のご紹介

バラバラのムカデまつ毛にならないように、対処法を覚えておきましょう。

マスカラをつけすぎない!

まず、マスカラを付ける際は「付け過ぎない」ことが第一。

まつ毛への負担を減らしてあげるためには、何度も重ね塗りをすることも好ましくありません。そこまでゴシゴシこすらなくても落とせるくらいのアイメイクにとどめておきましょう。ウォータープルーフのタイプではなく、お湯で落とせるタイプのマスカラを使うのもポイントですよ。

付けた後にまつ毛用のコーム(くし)でとかすひと手間を加えるとさらにいいですね。

濡らした後にコームで整える

クセが付いてしまっているときは、洗顔したり蒸しタオルを当てたりして適度な湿気を与えた後に、やさしくコームで毛流を整えてあげましょう。まつ毛エクステが乱れてしまうときも同じ方法で対処できます。ですが、まつ毛エクステは湿気に弱いので、濡れた状態で放置しないよう注意しましょう。

濡れたまつ毛はドライヤーで優しく乾かす

お風呂上りも、コームでとかしながらドライヤーで乾かす習慣を付けると美しい状態で長持ちさせられます。

至近距離から熱風を当てるとまつ毛にも目にも良くないので、20センチ程離れた位置から優しく冷風を当てて乾かすようにして下さい。

まつ毛用美容液を使う

一度弱ってしまったまつ毛は、そのまま放っておいてもすぐに元気になるとは限りません。まつ毛美容液やまつ毛用の栄養剤を目元に塗って、まつ毛に栄養を与えてあげましょう。しかりと栄養を与えることで、弱ってくせ毛になってしまったまつ毛もまっすぐ生えてくることがありますよ。

まつ毛パーマをかける

まつ毛の生え方がバラバラという方は、毎回とかしたりビューラーを当てたりするのも一苦労ですよね。そんなときは、まつ毛パーマをかけることで毛流を強制することができるかもしれません。信頼できるサロンを見つけて、相談してみてはいかがでしょうか。

 

まつ毛エクステをお出かけ前に整える方法

 

まつ毛エクステを付けて、2~3週間でいろんな方向に向き始めること、多々ありますよね? 本数は残っているのに、向きがあっちこっちに。特に朝の忙しい時に限ってなかなか直らない。そんなバラバラに向いてしまったエクステの流れを、手軽に整える方法があるのです。

 

そもそも、何故向きがバラバラになってしまうのでしょうか?

 

エクステを付ける時は、まつ毛の根元から2ミリ程度離して付けるのが基本です。しかし、髪の毛と同じようにまつ毛も根元から伸びてくるので、伸びてくるにつれてエクステを真っ直ぐ保つことができなくなってしまうのです。また、根元が伸びてくると元々の癖が出やすくなり、更にバラバラになってしまうのです。

 

メイク前に必ず洗顔

まつ毛がいろんな方向に向く原因の一つは寝癖だったりするので、髪の毛と同様、寝癖がついたらブラッシングをしたくらいでは直りません。

 

まつ毛用のコームでブラッシング

いろんな方向に向いてしまったエクステを整えたい時に便利なのが、まつげ用のコーム♪そのままブラッシングしても直らない場合が多いので、洗顔してからブラッシングすると効果的です。

 

ドライヤーを使う

バラバラになったエクステの方向を元に戻すためには、ドライヤーがお助けアイテム!しかし髪の毛のように熱風で乾かすと目も乾燥するし、肌も荒れてしまいます。まつ毛にドライヤーをかける時は、顎の辺りから「弱」の冷風をまつ毛に向かって当てましょう。
※エクステの素材によっては熱を加えるとカールが伸びてしまう物もあるので、必ず冷風にしてくださいね。

 

エクステ専用マスカラを塗る

ドライヤーで流れを綺麗に整えた後はマスカラで固めておきましょう。マスカラというとブラックやブラウンなどを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、ナチュラル志向の人は透明をおすすめします!エクステ専用は特にクレンジングなどを使わなくてもお湯で落とすことが出来ますので、クレンジングでこすってオフする様な物は使わない様にしましょう。

まつ毛の向きを整えてムカデまつ毛を脱却しよう


 

今回は、まつ毛の向きがバラバラになってしまう原因と対処法についてご紹介しました。アイメイクは気づかないうちに「やり過ぎ」に慣れてしまいがち。綺麗なメイクをしているつもりでも、ごてごてのマスカラやムカデまつ毛に無頓着になっているかもしれません。

 

まつ毛の向きを整えるには、コーミングやきちんとドライヤーで乾燥させるなどのベースケアや日ごろの生活習慣が大切です。基本に立ち返って美しく清潔感のあるまつ毛メイクを目指しましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。