美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.20

アイリスト

成人式のアイメイク、そのポイントは?

アイメイク、それぞれのアイテムのメリットデメリット

成人式のメイクは、「着物に使われている色」を基調として、そのなかから色をピックアップして仕上げていきます。成人式のメイクでは、「着物との調和」がとても大切。また、かんざしなどの小物の色にあわせる方法もあります。

派手な着物は唇を派手にしてアイラインを強くいれ、かわいらしい感じの着物は優しい雰囲気で纏めます。

そのほかにもあえて目元に寒色をいれて映えさせる、という方法もあります。柄が大きい着物の場合は、紅を赤くひき、つけまつ毛を使いましょう。

成人式では、「アイメイク」が特に重要です。

アイメイクのアイテムはさまざまですが、今回は「まつ毛」に注目しましょう。

まつ毛を長く見せる方法として定番なのが、「ビューラー+マスカラ」。自分でもできますし、何度も使いまわせるのが魅力です。ただ、失敗するとパンダ目になってしまうことも・・・。

簡単につけられるつけまつ毛も利用価値の高いものです。派手な印象になるので、成人式には使いやすいでしょう。ものによってはカールが不自然になることもあります。

まつ毛パーマは持続性があること、ケアもラクなことから人気を博しています。これも「デザイン」によって印象が変わるので、やる際には、必ずサロンの人とよく相談をしてください。

まつ毛エクステという選択肢もある!

もう一つ考えてほしいのが、「まつ毛エクステ」という選択肢。この場合、目が華やかに見え、一度つけてしまえば、1か月程度は長持ちするのが魅力です。ボリュームたっぷりのまつ毛になると、顔全体の印象まで変わってきます。「自分のまつ毛が短くて嫌になる」という人も、1本のまつ毛にたくさんの人工まつ毛をつけられるプラン(「3Dマツエク」などの名称で呼ばれます)を使えば大丈夫です。

サロンによっては、成人式に出る人のために「成人式割引プラン」をやっているところもあります。1000円近く安くなることも多いので、ぜひ利用してみてください。

ただまつ毛エクステの場合、メガネをかけている人はメガネにまつ毛エクステがあたってしまい邪魔になることもあります。「成人式のときはコンタクトにするつもりだが、普段はメガネ」と言う人は、今後のことも考えて、メガネを持参していく方がよいでしょう。

ここでは「サロンでメイクをしてもらうこと」を前提としてお話していますが、家でやることはできます。自分で自分の成人式の装いをするということは思い出になりますし、コストも安く済むでしょう。ただ、「完成度の高さ」をもとめるのであれば、やはりサロンがおすすめです。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。