美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.09.15

作成:2017.09.14

アイリスト

悩んでいる妊婦をお助け【抜けるな!まつ毛ガイド】

「妊婦になるとまつ毛が抜ける」というウワサの真相

妊娠中の方は「妊婦はまつ毛が抜けやすい」というウワサを耳にしたことがありませんか?ウワサを聞いて不安になっている人もいるでしょう。妊婦のまつ毛が抜けやすいというのは、残念なことに事実です。でも、メカニズムを知って対策をとれば大丈夫なので安心してください。

妊婦のまつ毛が抜けやすくなるのには「女性ホルモン」と「栄養素」が大きく関係しています。どうすればまつ毛が抜けなくなるのかまとめているので、妊娠中の方はご参考ください。

妊婦になってもまつ毛をキープできる4つの対策

まつ毛が抜けやすくなる原因「ホルモン・栄養」のバランスをサポートできる方法を紹介しています。

ホルモンでまつ毛にアプローチ

■ぐっすり睡眠

まつ毛をキープするのに必要なホルモンの分泌量は、良質な睡眠がカギを握っています。必ず22時から深夜2時の間は就寝するようにしてください。

■ストレス発散

ストレスが溜まれば溜まるほど、まつ毛が抜ける原因「ホルモンバランスの乱れ」に影響します。心身ともにデリケートな妊娠期に「ストレスを溜め込まない」というのは難しいので、ストレス発散方法を見つけましょう。

栄養補給でまつ毛にアプローチ

■バランスの良い食事

つわりが酷いと食生活が偏りがちですが、できる限りバランスの良い食事を心がけましょう。すべての栄養素を網羅するのは難しくても、「タンパク質」「ビタミン群」「亜鉛」の摂取は食事で補っていただきたいところ。どれもまつ毛をキープするのに大切な栄養素です。

■まつ毛美容液

何をやってもまつ毛が抜けてしまうという人は、まつ毛美容液を試してみましょう。成長作用のある成分が含まれているものを選べば、丈夫なまつ毛に成長させられるかも!?ただし、妊娠期は胎児への影響を考えて、なるべく添加物を含まないケア用品を使いましょう。

妊婦のまつ毛対策の継続期間は?

妊婦のまつ毛が抜けやすくなる現象は一時的なものであることが多いです。出産を終えれば、今まで通り丈夫なまつ毛が生えてくるでしょう。それまでマツエクで凌ぐという手もありますが、マツエクの接着剤がつわりに影響する人もいます。そのため、大量にはつけられないでしょう。自まつ毛がやせ細り弱っている分、マツエクの保ち自体も悪くなる人も多いです。

妊娠中は、無理してお洒落するよりも4つの対策で自まつ毛を守り、出産後にマツエクにすると良いですね。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。