美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.01.26

アイリスト

アイリストが肩こりや腰痛になりやすい理由

首を押さえる女性
お客様の目元の美しさをまつ毛でサポートするアイリスト。そんなアイリストに付き物の悩みと言えば「肩こり」や「腰痛」です。今回は、仕事や日常生活を楽にするために知りたい原因や、改善策、対策をご紹介します。

原因は施術姿勢にある

アイリストが肩こりや腰痛で悩まされるのは、施術中の姿勢が原因であることが大半です。
 
よく、「デスクワーカーは肩こりや腰痛で悩んでいる」という話を聞きますが、アイリストはデスクワーカーよりも、前屈みの姿勢でお客様の施術をしなければなりません。
 
しかも、アイリストは手先の細かい作業をしなければならないため、姿勢から来る肩こりや腰痛だけではなく、眼精疲労でも肩こりが悪化します。
 
肩こりや腰痛が起きると、肩こりや腰痛、(眼精疲労)で作業効率が悪化します。そうなると、次は悪化することでリピート客が離れ、リピート客が離れたことで売り上げが下がることに。
 
売り上げの低下は自分に自信が持てなくなるきっかけとなり、メンタル的にも疲労が来るようになってしまいます。そのため、心神的な病気になったり、仕事を続けてもさらに追い込まれたりするなど、肩や腰の症状以外でも影響が出てくる可能性もあります。
 
こうならないうち(つまり業務に支障がないうち)に肩こりや腰痛、それから眼精疲労は解消しておきたいですよね。

肩こりや腰痛を対策・改善するには?

アイリストの肩こりや腰痛を対策したいのであれば、まずは施術する姿勢を変えましょう。
 
アイリストの多くは猫背で施術していますが、猫背は肩こりや腰痛を引き起こす原因の1つです。猫背ではなく、背筋をピンと伸ばした状態で、股関節あたりで上半身を支えるように意識して施術をしましょう。
 
肩こりや腰痛を改善したい人は、日々のセルフマッサージや、肩や腰の筋トレがおすすめです。「今すぐ改善したい」という人は整体院でプロの施術を受けましょう。
 
また、アイリストは眼精疲労の対策や改善もしなければなりません。アイリストの眼精疲労は「細かい作業をし続ける」ことが原因のため、デスクワーカーの方が利用するブルーライトメガネではもちろん効果はありません。
 
蒸しタオルを就寝前に10分ほど目に当てるケアや、目元や首元のマッサージで対策、改善をしましょう。
目を開いた外国人女性

長く勤め続けるために早めの対策を

アイリストの肩こりや腰痛の原因は、施術中の姿勢と眼精疲労にあります。
これらは放置すると、最悪キャリアステップの崩壊につながってしまいますが、対策して改善していくことにより、アイリストとしてのステップアップが見込めるようになります。
 
アイリストの仕事は決して楽ではありません。ですがお客様のために、自分のために、肩こりや腰痛の原因を突き止めて、対策と改善をしていきましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。