美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.23

ネイリスト

絆創膏でネイルアート!? 簡単キレイなドットネイルの裏ワザ

気分によって様々なアレンジが出来る「ドットネイル」は、今大人気なネイルアートの1つ。ドットネイル愛好家の中には「自分だけのオリジナルの柄を作ってみたい!」という人も多いはずです。そこで今回は自分の力だけでドットネイルを作る方法を紹介していきましょう。

ドットネイルの作り方

ドットネイルの基本的な作り方は、まずベースカラーをチップ全体に塗って、その後に手作業でドットを配置していきます。この時に使うのは「ドットペン」という専用の道具。100円ショップなどにも売られているので、気軽に手に入れることが出来ますね。
 
このドットペンを使う際にはいくつか注意点があり、まず1つ目は、筆圧などでドットの大きさが変わってしまうということ。強い力で着色すると大きいドットになってしまうので、均一な柄にするには微妙な力加減が必要。またチップに対してペンが垂直じゃないと、いびつな形のドットが出来上がってしまうので、1つ1つ集中して点を打っていく必要があるようです。
 
ドットペンで綺麗な柄を作るのは意外と難しく、SNSなどでは「ドットネイルやっとできた! だけとちょっと歪んでるかも?」「1つだけ大きすぎるドットが出来てしまい軽く後悔…」「思ったより時間がかかってしまった」という声が上がっています。中には「まあ素人だしこんなもんでしょ!」と妥協してしまう人もちらほら。

身近なものを使った「ドットネイル」の裏技!

綺麗に仕上げようとすると意外に難しいドットネイルですが、誰でも持っている日用品をうまく使えば、簡単に綺麗なドットを描くことができますよ。まずおすすめしたいのは“爪楊枝”を使ったドットネイル。やり方は簡単で、尖っていない方にマニキュア液を塗ってチップにのせていくだけ。均一で綺麗なドットが作れるようで「爪楊枝ドットネイルが簡単すぎて楽しい!」「ドットが崩れにくくてやりやすい」と評判です。
 
そして「ドットを1つ1つ描くのは面倒!」という人は“絆創膏”を使ったドットネイルを試してみましょう。絆創膏の中には、接着面にいくつもの小さな穴が空いているタイプのものがありますが、これをチップに貼って上から着色するだけ。絆創膏がマスキングテープの役割を果たし、あっという間にドット柄が完成してしまいます。
 
その他にもネット上では「綿棒を使うとうまくできた!」「竹串とかも綺麗に描けるからおすすめ」との報告が。あなたも部屋の中を探して、最高の「ドットネイル」のパートナーを探してみては?
 
画像出典:ayumi.aym Instagram

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。