美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.29

ネイリスト

子どもだってオシャレしたい! キッズネイルを安心して楽しむ方法

最近では子どもだって「ネイルアート」を楽しむ時代。“キッズネイル”に力を入れている ネイルサロンが増えているほか、ネイルアートが出来るおもちゃや子ども向け雑誌の付録などもあるほどです。すると問題になってくるのが「子どものネイルってアリ? ナシ?」ということ。ネット上では主婦の方々が日々熱い議論を繰り広げています。

やはり気になるのは安全面

子どもがネイルアートをすることについてはやはり賛否両論。まず賛成派の人の意見を紹介すると「最近子どもが“マニキュア”に興味を持ち始めたから塗ってあげたい」「女の子だしオシャレしたいのは当然。子どもだからとか関係ない」「ネイルアート=不良みたいな偏見はもうないと思うし、可愛い服を着るって感覚で子どもがネイルアートしても良いのでは?」という声が上がっています。中には「幼稚園でネイルがブームになってるから、うちの子だけネイルを禁止するのは可愛そう」との声もあり、子どものネイルアートはかなりポピュラーなものになっているようですね。
 
確かに近年ではネイルアートに対する過度な偏見がなくなり、キッズネイルに関しても「ませている」「教育上よくなさそう」などの漠然とした批判は少なくなりました。しかし親として心配なのは、やはりネイルアートの安全面。反対派の人からは「ネイルアートは子どもの肌には刺激が強すぎるのでは?」「やっぱりアレルギーとかが心配だからキッズネイルはちょっとなぁ…」との声がちらほら。ネイルアートにはマニキュアを使ったものやジェルネイルなど様々な種類がありますが、中には発育段階の子どもにとって刺激が強い薬品を使うものもあるので、心配する気持ちはもっともです。

子どもが安心してネイルアートを楽しむには?

「安全面に問題があるなら、やっぱり子どもにネイルアートはNGなの?」と心配する人も多いかもしれません。しかし近頃では子どもでも安心して出来るネイルアートがいくつかあるようなので、紹介していきましょう。
 
ネイルアートをする上で子どもの天敵になってしまうのは、薬剤や化学物質の存在。逆に言えば、そういった刺激の強い薬品を使わなければ、子どもでも安心してネイルアートが出来るということです。そこでオススメなのは“ネイルシール”。これはシールを張るだけで楽しめる簡単なネイルアートで、特別な薬品を使わないので子どもにはうってつけ。キャラクターものの商品もあるので、子どもへの受けもよいでしょう。
 
もう少し本格的にネイルアートを楽しみたい人は、子ども用の“おもちゃ”を利用してみてはいかがでしょうか。最近では子どもでも簡単にネイルアートを楽しめるおもちゃが数多く販売されており、水で簡単に洗い落とせるマニキュアや子ども用のネイルチップなどがあります。最新のものだと大人顔負けの本格的なものもあるので、お母さんの方がハマってしまうかもしれませんね。
 
画像出典:Jessica Lucia / tootsies & pinkies (from Flickr, CC BY 2.0)

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。