美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.10.19

ネイリスト

10月11日は“爪休めの日”って知ってた?

一般社団法人記念日認定協会により、10月11日は「爪休めの日」として記念日に登録認定されました。今回は「爪休めの日」の概要や、爪のケア方法についてご紹介。「ネイルで爪がボロボロ…」「爪のケア方法がわからない」という人はぜひ参考にしてください。

10月11日は爪休めの日!

 


ネイルでオシャレするのは楽しいですが、ケアを怠ると爪のトラブルに見舞われてしまうことも。10月11日に制定された「爪安めの日」に合わせて、たまにはしっかりケアをして爪をいたわってあげましょう。
 
「爪の日」は、足の爪は両足で「10本」、足の指は英語で「toe(トゥ)」であることから10月、そして「足爪にいい(11)」という語呂から10月11日に制定。足爪用浸透補修液を販売する「シミックCMO株式会社」が申請したことから、記念日として認定されました。
 
「爪休めの日」の目的は、秋冬の季節に一定期間足爪を休めて健康的な足爪を目指す習慣を啓発すること。秋から冬はブーツやパンプスで足先の露出が少なくなり、傷んだ爪先をケアするのに最適な季節です。足先の露出が多い夏に受けたダメージを、今のうちに補修して来年また美しい爪でネイルなどのオシャレを楽しみましょう。

爪のケア方法は?

爪のケアで重要なのは「保湿」。爪が乾燥していると、ひび割れや縦筋などのトラブルを起こす原因になってしまいます。ハンドクリームやフットクリームだけで保湿ケアを済ませてしまう人もいるかもしれませんが、それだけではなかなか防げないことも。そんな時は「オリーブオイル」を使ってパックをしてみましょう。
 
オリーブオイルは自然の成分を使っているので安全な上、保湿効果が高い優れもの。パックのやり方もとっても簡単で、まずはオリーブオイルを爪に塗ったらサランラップで包みます。その上から指先を蒸しタオルでくるみ、10分程度おいたら完了。ネット上では「オリーブオイルパックで爪が生き返った!」「終わったら爪が潤ってていい感じ」といった声があがっているので、効果も期待できそうです。
 
また、市販のネイルオイルやネイルトリートメントを使ってケアするのもおススメ。甘皮を中心にオイルを爪に塗って、くるくると円を描くようにマッサージをするとより浸透しやすくなります。
 
ネイルをしたら、必ずネイルオフの期間を作って爪を休めるようにしましょう。きれいで健康的な爪を保つために、普段から爪の状態を確認してケアを怠らないよう心がけてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。