美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.10.24

ネイリスト

入国審査官も興奮の国旗ネイルに大注目!

国旗ネイルについて取り上げていきます。ある女性が旅行の際、入国審査官に国旗ネイルを褒められたエピソードや、国旗の組み合わせについてご紹介。旅行や運動会の予定がある人はぜひ参考にしてください。

北欧の国旗ネイルに入国審査官も大興奮!

 


爪の上に好きなデザインを描けるネイル。イベントや季節に合わせて凝ったデザインにしている人も少なくありません。知らない人からネイルを褒められる人も多いようで、ネット上には「ジムで隣にいた人にネイル可愛いって言われた! デザインにこだわって良かった」「コスメショップの店員さんが『どこでネイルやってるんですか?』って興味津々で聞いてくれた」といった声がちらほら。
 
そんな中、あるTwitterユーザーの女性は旅行中に入国審査官からネイルを褒められたことを報告。北欧5カ国を旅行する予定だったということで、アップされた写真には、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、アイスランドの国旗をデザインしたネイルが切り取られています。
 
女性が入国審査を受けた際、入国審査官は「はい滞在期間は… ウワーーーッ。何これすっごーーーい!!!! どこでやったの?? どこでこんなのやってくれるの~~~?」と大興奮。さらに女性が「日本です」と答えると、「フッそりゃそうよねーーーッ!」と納得しつつ、パスポートにスタンプを押してくれたとか。“日本人は手先が器用”というイメージが北欧でも浸透しているようですね。
 
国旗ネイルの写真にはネット上でも大反響が寄せられ、「ピカピカの5国の国旗、とても素敵!」「可愛い! 私も北欧に旅行に行くので真似しよう」「現地の人と話すきっかけにもなるし、国旗ネイルいいですね」と絶賛の声が上がりました。

組み合わせ色々の国旗ネイル

国旗には数多くのデザインがあるので、柄の組み合わせを考えるのも楽しいもの。ネット上には自作や、サロンで作ってもらった国旗ネイルを披露している人も多く、皆さんお好みの組み合わせを楽しんでいる様子が窺えます。
 
ある女性は「運動会ネイル」というコメントとともにinstagramにネイルの写真をアップ。アメリカの星条旗や、フランスのトリコロールカラー、日の丸などをデザインしており、赤、青、白で統一されたポップな仕上がり。
 


また、ある女性は足の爪を国旗ネイルに。足の爪は小さいため、ユニオンジャックやトリコロールカラー、黒、赤、黄のドイツの国旗など、シンプルなデザインの国旗をチョイスしたり、星条旗の星の数を少なめにして上手くネイルに取り入れていました。
 

カラフルで楽しい気分になれる国旗ネイル。運動会や旅行の際に取り入れれば気分が盛り上がること請け合いですよ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。