美容スペシャリストな自分になるために

ジェルネイルの危険性を知っておこう!

ライト

 

今では、地爪で生活するより爪のひび割れなども少なく、強化するといった意味でも「ジェルネイル」をしている人は多くなりましたね。ビジネスシーンに合わせて、シンプルなデザインやカラーでも、マニキュアをしている人より多く見かけます。

 

ジェルネイルをする上で危険性なども把握しておくと良いかもしれません。

ジェルネイルのリスクとは

ジェルネイルとは、ジェルを爪に塗ってUVライトやLEDライトを照射して固めるタイプのネイルです。

 

ライトを当てない限り固まらないので、爪をじっくりとデザインしたい時におすすめです。ツヤツヤとした発色がキレイで、剥がれにくく長持ちするのがジェルネイルの魅力です。そんな魅力がたっぷりのジェルネイルですが、きちんと扱わないとトラブルに繋がる可能性も…。

 

今回は、ジェルネイルを楽しむために知っておきたいリスクやトラブルについてご紹介します。

硬化ライトが肌に影響する

ジェルを硬化させるために使うライトはUV(紫外線)ライトとLED(可視光線)ライトの2種類。UVライトを使い続けると、日焼けやシミ、皮膚がんに繋がる可能性があります。1回や2回の照射で影響が出るわけではありませんが、少しずつ皮膚がダメージを受けるのです。

薬剤(ジェルリムーバー)の刺激が強い

ジェルネイルを落とすために使う薬剤(ジェルリムーバー)には、肌への刺激が強いアセトンが使われています。

 

セルフケアのときには、できるだけ皮膚に触れないように注意しましょう!薬剤に指を浸す「どぶ漬け」はキレイにネイルが落ちますが、そのぶん肌へのダメージは大きく、さまざまな爪トラブルの原因になりますのでさらに注意が必要です。

ジェルネイルでありがちなトラブルとは

爪を見る人

 

ジェルネイルのリスクについてきちんと把握し、爪のトラブルを未然に防ぐようにしていきましょう。

爪がもろくなる

ジェルネイルを頻繁に塗っていると、爪が縦方向に割れやすくなる「爪甲縦裂症(そうこうじゅうれつしょう)」を引き起こすことも…!ネイルに失敗してジェルを何度も塗っていると、爪が割れやすくなるリスクが高まります。

爪や指に痛みが出る

甘皮を処理するときにできた小さな切り傷から菌が感染して起こる症状で「ひょうそ」と呼ばれています。

 

始めのうちは指先が少し痛むくらいですが、だんだん赤くはれてきてズキズキとした痛みに変わります。やがて、何かを触ることさえ出来ないほど痛み出します。ここまで症状が悪化した場合は、皮膚科を受診しましょう。

ツメが緑色になる

ジェルと爪のスキマに緑膿菌という細菌が入り込み、繁殖してどんどん広がっていくことで緑色になる症状です。「爪カビ」や「グリーンネイル」とも呼ばれています。

 

サロンでの施術がうまくなかったり、ジェルネイルを塗った爪のメンテナンスを怠ったりしたときに起こるようです。

ジェルネイルのトラブルを回避するためには?

健康な爪でジェルネイルを楽しむために、気を付けておきたいポイントをまとめています。

ネイルサロン選びは慎重に!

価格の安さだけで判断するのではなく、サロンが清潔か、ネイリストが正しい知識を持っているかなどを考慮して選びましょう。

1日1回は爪の健康状態をチェック!

定期的に爪の状態をチェックする時間をつくりましょう。気になる症状が現れはじめたらすぐに皮膚科を受診してください。

薬剤(ジェルリムーバー)は最小限に!

ジェルリムーバーはとても刺激が強いので、使用は最小限に抑えることが大切です。ネイルジェルの後にトップコートを上から重ね塗りするなど長持ちさせる工夫をしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?施術を受ける場合も知っておきたい知識ですが、もし自分がネイリストになる場合も必ず知っておき、お客様に正しいネイルケアを提供していきたい所ですね♪

ネイリストの関連求人

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。