美容スペシャリストな自分になるために

更新:2018.10.04

作成:2018.09.19

ネイリスト

秋の手元は神秘的に。ぽってり可愛い月ネイル

2018年の十五夜は9月24日。綺麗な月を見ることが出来ましたか?

秋の澄んだ空気の中だと、黄色の月がよく映えますよね。

思わず誰もがうっとりと見とれる、秋の夜長のお月様。そんな風に、誰からも注目されるようなネイルがしたい!

そんな方のために、今回は「月」をテーマにしたネイルデザインをいくつかご紹介します♪

一目見ただけで「お月見のデザインだ!」と分かるような、落ち着いたネイビーに黄色と白が綺麗に映えるデザイン。

ぽってりとした丸い月や、お団子やうさぎのシルエットがとても可愛いですよね♪

写真のデザインは色々なアートで難しそうに見えますが、シンプルなデザインならおうちでも簡単にできますよ。

  1. ネイビーのカラージェルで、すべての爪を単色塗り
  2. よく乾かしたら、黄色のカラージェルで好きな指1本に丸い月を描く
  3. 月のジェルが乾いたら、月と同じ指に細い筆で兎の頭と体を描く
  4. うさぎの耳は、爪楊枝を使うと上手に掛けますよ

  5. 好きな指2本に、ラメのジェルでラインを引く
  6. 天の川をイメージして、まっすぐ引くのがポイント

  7. ラメジェルが乾いたら、パールのパーツや星のパーツを散りばめる
  8. なるべく小さいサイズのものをいくつか乗せると可愛く仕上がります

  9. 最後にトップジェルを塗って完成♪

 

アート用の筆を使ってお月見団子を描いたり、爪楊枝の細い方でススキを描いたりするとさらに本格的に!

思わず誰かに自慢したくなっちゃうようなお月見ネイルに、挑戦してみて下さいね。

ゆめかわいい♪ニュアンスネイル

シンプルもいいけど、やっぱりパステルカラーが好き!

そんな方には、ゆめかわデザインのネイルはいかがでしょうか。

2018年のトレンド、何色かのカラーを使ってアートを作る「ニュアンスネイル」も取り入れて、ひたすら可愛く、女の子らしく。

イエローやグリーンではなく、ブルーとピンクとパープルを使うとちょっぴり神秘的なゆめかわデザインに仕上がります。さりげなく星や三日月のパーツを取り入れて、満月をイメージしたパールも飾って、秋の夜空をイメージ。ラメを散りばめると、動くたびにキラキラ光って注目度も抜群♪

ひたすら神秘的に。太陽と月ネイル

シックなデザインが好きな方には、ゴールドパーツをメインにしたデザインがおすすめ。

爪いっぱいに広がったゴールドの月と太陽のパーツは、どんなファッションでも主役級になれること間違いなし!さりげなく光るターコイズのパーツは、まるで月の石のよう。

他の人とは一味違う、個性抜群なデザイン。

2018年秋冬トレンドカラーの「マスタード」でまとめたら、あっという間に今年の旬顔を狙えますよ。

乙女心をくすぐる!セーラームーンネイル

女の子なら誰でも一度は憧れたことのある、セーラームーン。

月にちなんで、セーラームーンネイルに挑戦してみてはいかがですか?

キャラクターをイメージしたピンクの単色塗りに、ゴールドの細かいラメで上品に。

キャラクターの顔を描くのも可愛いけれど、衣装のデザインや薔薇の花、三日月やコンパクトのアートなどさりげないパーツを組み合わせたら、まるで自分が主人公になったみたいな気分に♪

みんなに羨ましがられちゃう、注目度抜群のセーラームーンネイルもおすすめ!


 

十五夜を過ぎた後だってもちろん可愛い、月ネイル。

ピンクやパープルなどのパステルカラーを使えば女の子っぽく、ネイビー×白にゴールドのラメというシンプルなデザインにすれば、あまり派手なネイルが好きではない方にもぴったり!

ネイビー単色のカラーに月やウサギなど、たくさんのアートを施した和柄ネイルなら浴衣姿でのお月見にも相性抜群です。

季節を感じる月ネイルで、様々な秋のお洒落を楽しんじゃいましょう♪

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。