美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.05.12

作成:2017.05.11

ネイリスト

ネイルを早く終わらせるための時短術

時計

 

ネイルを早く乾かすための方法

自分でネイルをしたいけれど時間がないからやりたくない…と思ったことありませんか?ネイルは乾かすのに時間がかかってしまうため、余裕のあるときしかできませんよね。ここでは、時間がない人でもできるネイル時短術を紹介します。

ネイルを効率よく乾かすためのポイント

1.ネイルをする前の準備

ネイルをする前にマニキュアを冷蔵庫に入れておきましょう。低めの温度でネイルを保管することで外気に触れたときの温度差が大きくなり乾きやすくなります。冷蔵庫でネイルを保管すると、ネイルの伸びが良くなるというメリットもあるので試してみてください。

ただし、ネイルを冷やし過ぎるとネイルの瓶が割れてしまう可能性があるので、冷やし過ぎは禁物です。ネイルをする20~30分前に冷蔵庫で冷やしておくといいでしょう。

2.ネイルの塗り方

ネイルは塗り方ひとつで早く乾かすことができます。

・厚く塗りすぎない

ネイルを塗るとき、発色を良くさせようと厚く塗ってしまいがちです。ネイルを厚く塗ってしまうと乾きにくくなり、待っている間に傷やゴミがついてしまい2度手間になってしまいます。発色をよくしたいのであれば、2度塗りがおすすめ!1回目は「薄すぎるかな?」と感じるくらいにして2回目を上から重ねて塗るとよりキレイに発色しますよ。

・乾きやすい色を使用する

ネイルには乾きやすい色があるのをご存じですか?一般的に透明感のある色やラメが入ったマニキュア、薄い色味のカラーネイルは乾きやすいと言われています。ただし、速乾性のあるマニキュアは塗っている途中で乾いてしまい失敗してしまう可能性があるので注意が必要です。

ネイルを塗る順番

腕時計

 

ネイルを早く乾かすには、ネイルを塗る順番がとても大切になります。

1.ネイルを塗る指先やつま先部分の温度を調整する

ネイルの仕上がりは、手足の温度によって大きく変わります。ネイルは体温を吸収して乾燥するため、手足の体温が低いと乾燥に時間がかかってしまうのです。ネイルをする際は、ドライヤーを使用して体温の調節をしましょう。

2.ベースコートを塗る

ベースコートは爪の下地をコーティングしてくれる溶剤のことで、カラーリングをしたときにキレイな仕上がりになり乾燥を早めてくれます。さらに、爪を保護してくれるので、自分の爪を傷つけず塗れるというメリットもありますよ。

3.カラーは2度塗りが基本

ベースコートでコーティングをした後は、カラーを塗りましょう。その際のポイントは、2度塗りをすること。1回目は薄く塗り、しっかりと乾いてから2回目を塗るとキレイな仕上がりになります。

4.トップコートを塗る

カラーリング終了後は、仕上げにトップコートを塗りましょう。トップコートは爪を保護する役割のほか、爪の表面のでこぼこをなくしてくれます。

ネイルで時短してもキレイに仕上げることは可能です。時間がかかるのがイヤ!という理由でセルフネイルをあきらめていた人は、ぜひ試してみてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。