美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.16

ネイリスト

腰痛に悩むネイリストへ!毎日できる改善方法とは

なぜネイリストは腰痛になりやすいの?

ネイリストが腰痛になりやすいのは、同じ姿勢で長時間座りっぱなしというのが原因だと考えられています。

ネイリストはお客さん1人の施術で約2時間座って作業を行います。指先に意識を集中していると、自然と首や背中が丸まって前かがみになってしまうことも。そのような姿勢が長時間続くと、骨盤がゆがんで腰痛を引き起こしてしまうのです。最悪の場合、ヘルニアや坐骨神経痛と診断される可能性も…。

また、人によっては細かい作業がストレスとなってしまい、体の異変として腰痛を引き起こしてしまうことも考えられるのだとか。普段は意識していなくても、施術終了後や休憩中にふと痛みを感じる方もいるようです。

普段はどんなことに気をつければいいの?

女性

 

同じ姿勢でいると体が慣れてしまうため、仕事中はこまめに椅子から立ち上がって体内の血流を良くしましょう。腰を前後に回す、前屈や背筋を伸ばすといった軽いストレッチを行うと筋肉の硬直を防げます。「ストレッチしているヒマがないほど忙しい!」という方は、腰痛対策用のクッションを使うのがオススメ。腰痛改善はもちろん、猫背対策にもなるそうですよ。

休日はエステサロンでマッサージを受けたり、思いきって体を動かしたりするのも◎。体をほぐしてあげるだけでなく、ストレスを発散してリフレッシュすることも大切です。

自宅でできる!お手軽ストレッチで腰痛改善

ここでは、自宅でできる簡単なストレッチ方法をご紹介します。ストレッチを行うタイミングは、運動後や入浴後など筋肉の温度が上昇しているとき。筋肉が伸びやすいため、より高いストレッチ効果を得られるでしょう。

上体反らし

やり方

  1. うつぶせになり、上体をエビのように反らす。
    反らすときは、胸部~腹部が無理なく伸びていることを意識して。
  2. 上体を反らしたまま10秒程キープしたあと、体勢をゆっくりとうつぶせに戻す。
  3. ネコが伸びをするような姿勢をとり、10秒程キープ。

四つん這いストレッチ

やり方

  1. 四つん這いになり、息を吐きながらお腹をグッと上に引き上げるようにして背中を丸める。
    この状態を1分程キープ。
  2. 今度はお腹を下に押し出すようなイメージで、息を吸いながら背中を反らす。
    この状態を1分程キープ。

ストレッチを行うときの注意点

「ストレッチを行うとき、痛みを感じるまで伸ばさないと効果がないのでは?」と思う方もいるでしょう。しかし、痛みを感じるほど無理に体を伸ばしてしまうと、症状を悪化させる恐れがあります。ストレッチの際は無理のない姿勢で行うように心がけてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。